F1レース結果の2014年09月のF1情報を一覧表示します。

F1 シンガポールGP 決勝:ドライバーコメント

2014年9月22日
F1 シンガポールGP 決勝
2014 FORMULA 1 SINGAPORE AIRLINES SINGAPORE GRAND PRIX

F1シンガポールGP 結果:ルイス・ハミルトンが優勝で首位奪還

2014年9月21日
F1シンガポールGP 結果
F1シンガポールGPの決勝レースが21日(日)、マリーナ・ベイ・サーキットで行われた。

優勝は、ポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトン(メルセデス)。タイトルを争うチームメイトのニコ・ロズベルグがリタイアしたことで、チャンピオンシップ首位に躍り出た。

2位にはセバスチャン・ベッテル、3位にはダニエル・リカルドとレッドブル勢が続いた。

F1 シンガポールGP 予選:ドライバーコメント

2014年9月21日
F1 シンガポールGP 予選
2014 FORMULA 1 SINGAPORE AIRLINES SINGAPORE GRAND PRIX

F1シンガポールGP 予選:ルイス・ハミルトンがポールポジション

2014年9月20日
F1シンガポールGP 予選 結果
F1シンガポールGPの予選が20日(土)、マリーナ・ベイ・サーキットで行われた。

ポールポジションを獲得したのは、メルセデスのルイス・ハミルトン。2番手のニコ・ロズベルグに0.007秒差で今季6度目のポールポジションを獲得した。3番手にはダニエル・リカルド、4番手にはセバスチャン・ベッテルとレッドブル勢が続いた。

F1シンガポールGP フリー走行3回目:フェルナンド・アロンソがトップ

2014年9月20日
F1シンガポールGP フリー走行3回目
F1シンガポールGPのフリー走行3回目が20日(土)、マリーナ・ベイ・サーキットで行われた。

フリー走行3回目のトップタイムは、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)の1分47秒299。

2番手にはダニエル・リカルド(レッドブル)、3番手にはニコ・ロズベルグ(レッドブル)が続いた。

F1シンガポールGP フリー走行2回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム

2014年9月20日
F1シンガポールGP フリー走行2回目
F1シンガポールGPのフリー走行2回目が19日(金)、マリーナ・ベイ・サーキットで行われた。

フリー走行2回目のトップタイムは、ルイス・ハミルトン(メルセデス)の1分47秒490。2番手タイムはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)の1分47秒623、3番手にはダニエル・リカルド(レッドブル)が1分47秒790で続いた。

F1シンガポールGP フリー走行1回目:フェルナンド・アロンソがトップ

2014年9月19日
F1シンガポールGP フリー走行1回目
2014年 第14戦 F1シンガポールGPのフリー走行1回目が19日(金)、マリーナ・ベイ・サーキットで行われた。

フリー走行1回目は、現地時間18時から開始。トラックが、徐々に夜への表情を変えるなかでセッションは行われた。

トップタイムを記録したのは、フェラーリのフェルナンド・アロンソ。2番手にはルイス・ハミルトン、3番手にはニコ・ロズベルグとメルセデス勢が続いた。

F1 イタリアGP 決勝:ドライバーコメント

2014年9月8日
F1 イタリアGP 決勝
FORMULA 1 GRAN PREMIO D'ITALIA 2014

F1イタリアGP 結果:ルイス・ハミルトンが優勝

2014年9月7日
F1イタリアGP 結果
F1イタリアGPの決勝レースが7日(日)、モンツァ・サーキットで行われた。

優勝は、ポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトン(メルセデス)。スタートで順位を落としたハミルトンだったが、すぐに2番手まで挽回。チームメイトのニコ・ロズベルグの1コーナーでのブレーキミスに乗じて、首位に立つと、そのままトップでチェッカーフラッグを受けた。2位にはニコ・ロズベルグが続き、メルセデスが1-2を達成した。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム