F1レース結果の2014年02月のF1情報を一覧表示します。

F1バーレーンテスト2日目:セルジオ・ペレスがトップタイム

2014年2月28日
F1
2014年最後のプレシーズンテストが28日(金)、バーレーン国際サーキットで2日目を迎えた。

2日目のトップタイムは、前日に引き続きフォース・インディアのセルジオ・ペレス。108周を走り込み、1分35秒570を記録した。

2番手タイムはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)の1分35秒634。この日最多となる122周を走り込んだ。

F1バーレーンテスト初日:セルジオ・ペレスがトップタイム

2014年2月27日
F1
2014年シーズン開幕前の最後の合同テストが27日(木)、バーレーン・インターナショナル・サーキットでスタートした。

初日のトップタイムを記録したのはフォース・インディアのセルジオ・ペレス。105周を走行して1分35秒290を記録した。2番手タイムのバルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)はこの日最多となる128周を走り込んだ。

F1バーレーンテスト:チーム&エンジンメーカー別 周回数

2014年2月24日
F1
2014年2回目となるF1プレシーズンテストがバーレーンのサキール・サーキットで4日間にわたって開催された。

シェイクダウン的な意味合いの強かった初回のヘレステスト後、各チームがどれだけレースにむけてクルマを煮詰めていくかに注目が集まった今回のバーレーンテスト。

F1バーレーンテスト最終日:ニコ・ロズベルグがトップタイム

2014年2月22日
F1
F1バーレーンテストが22日(土)、サキール・サーキットで4日間にわたるテストの最終日を迎えた。

最終日のトップタイムを記録したのはメルセデスのニコ・ロズベルグ。これまでのテストタイムをさらに縮め、1分33秒283という圧倒的な速さをみせた。

2番手には1.6遅れでジェンソン・バトン(マクラーレン)、3番手タイムは、キミ・ライコネン(フェラーリ)の1分36秒718だった。

F1バーレーンテスト3日目:ルイス・ハミルトンがトップタイム

2014年2月21日
F1
F1バーレーンテスト3日目が21日(金)、サーキル・サーキットで行われた。

3日目のトップタイムを記録したのはメルセデスのルイス・ハミルトン。前日のケビン・マグヌッセン(マクラーレン)の最速タイムをコンマ6秒上回る1分34秒263を叩き出し、ここまでのプレシーズンテストの最速タイムを更新した。

F1バーレーンテスト2日目:ケビン・マグヌッセンがトップタイム

2014年2月20日
F1
F1バーレーンテスト2日目が20日(木)、サーキル・サーキットで行われた。

2日目のトップタイムを記録したのはマクラーレンのケビン・マグヌッセン。46周を走行したマグヌッセンは、2番手タイムのニコ・ヒュルケンベルグに1.5秒差をつける1分34秒910を記録。これまでのプレシーズンテストの最速タイムを叩き出した。

F1バーレーンテスト初日:ニコ・ヒュルケンベルグがトップタイム

2014年2月20日
F1
2014年の2回目のプレシーズンテストが19日(水)、バーレーンのサキール・サーキットでスタートした。

今回の公式テストでは、ヘレステストを欠席していたロータスが参加し、全11チームがテストを実施。ロータスは、新車E22を公式デビューさせた。

トップタイムを記録したのは、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグ。

F1ヘレステスト:各チーム&エンジン周回数

2014年2月2日
F1
2014年初となるF1プレシーズンテストがスペインのヘレスサーキットで4日間にわたって開催された。

新しいV6ターボエンジンを含めた大幅なレギュレーション変更が導入され、新時代の幕を開けたF1。完全に新しくなったF1マシンとエンジンにより、今回のテストはこれまでのプレシーズンテスト以上に様々なトラブルが発生したテストとなった。

F1ヘレステスト最終日:フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)がトップタイム

2014年2月1日
F1
F1プレシーズンテストが31日(金)、スペインのヘレス・サーキットで最終日を迎えた。

最終日は生憎のウェットコンディション。この日は小林可夢偉がケータハム CT05で初走行を行った。

最終日のトップタイムを記録したのは、ウィリアムズのフェリペ・マッサ。86周を走行したマッサは、1分28秒229を記録した。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム