F1レース結果の2013年08月のF1情報を一覧表示します。

F1 ベルギーGP 決勝:ドライバーコメント

2013年8月26日
F1 ベルギーGP 決勝
2013 FORMULA 1 SHELL BELGIAN GRAND PRIX

F1ベルギーGP 結果:セバスチャン・ベッテルが今季5勝目

2013年8月25日
F1ベルギーGP 結果
F1ベルギーGPの決勝レースが、25日(日)スパ・フランコルシャンで行われた。

雨も予報された日曜日のスパだったが、レースは終始ドライコンディションで行われた。

優勝は、レッドブルのセバスチャン・ベッテル。2番グリッドからスタートしたセバスチャン・ベッテルは、オープニングラップでトップに浮上。そこからは後続を引き離す得意の走りでレースを支配。今季5勝目を挙げ、チャンピオンシップのリードを広げた。

F1 ベルギーGP 予選:ドライバーコメント

2013年8月25日
F1 ベルギーGP 予選

2013 FORMULA 1 SHELL BELGIAN GRAND PRIX

F1ベルギーGP 予選:ルイス・ハミルトンが4戦連続ポールポジション!

2013年8月24日
F1ベルギーGP 予選
F1ベルギーGPの予選が、24日(土)にスパ・フランコルシャンで行われた。

予選Q1はウェット路面でスタート。しかし、Q1終盤に路面は改善をはじめたことで、トロ・ロッソの2台、ウィリアムズの2台が敗退し、ケータハムの1台、そしてマルシャの2台がQ2進出するという幕開けとなった。続く、Q2はドライで行われたが、Q3では再び雨が降り、雨脚が変化する難しいコンディションとなった。

F1ベルギーGP フリー走行3回目:セバスチャン・ベッテルがトップタイム

2013年8月24日
F1ベルギーGP フリー走行3回目
F1ベルギーGP フリー走行3回目が、24日(土)スパ・フランコルシャンで行われた。

ドライコンディションとなったフリー走行3回目。トップタイムを記録したのはレッドブルのセバスチャン・ベッテル。2番手にはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、3番手にはマーク・ウェバー(レッドブル)が続いた。

F1ベルギーGP 予選は、このあと日本時間21時(現地時間14時)から行われる。

F1ベルギーGP フリー走行2回目:セバスチャン・ベッテルがトップタイム

2013年8月23日
F1ベルギーGP フリー走行2回目
F1ベルギーGP フリー走行2回目が、23日(金)スパ・フランコルシャンで行われた。

午後のセッションはドライコンディションのなかで行われ、レッドブルのセバスチャン・ベッテルがトップタイムを記録。だが、リアタイヤのパンクで22周の走行でセッションを終了。2番手にもマーク・ウェバーが続き、レッドブル勢が初日を良いカタチで終えた。

F1ベルギーGP フリー走行1回目:フェルナンド・アロンソがトップタイム

2013年8月23日
F1ベルギーGP フリー走行1回目
F1ベルギーGP フリー走行1回目が、23日(金)スパ・フランコルシャンで行われた。

約1ヶ月の夏休みを経て、F1は後半戦に突入。2014年には大幅な規約変更が控えているため、ヨーロッパで行われる2戦は、今シーズンのチャンピオンシップの行方を占う重要な一戦になる。

フリー走行1回目は、ウェット→ドライというコンディションのなかで実施。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム