F1レース結果の2010年07月のF1情報を一覧表示します。

F1ハンガリーGP 予選:セバスチャン・ベッテルがポールポジション

2010年7月31日
F1ハンガリーGP 予選
2010年 F1 第12戦 ハンガリーGPの予選が31日(土)、ハンガロリンクで行われた。

ポールポジションを獲得したのは、レッドブルのセバスチャン・ベッテル。1分18秒773というハンガロリンクのコースレコードを更新し、4戦連続となるポールポジションを獲得した。

2番手にはマーク・ウェバー(レッドブル)、3番手にはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、4番手にはフェリペ・マッサ(フェラーリ)が続いた。

F1ハンガリーGP フリー走行3回目:マーク・ウェバーがトップタイム

2010年7月31日
F1ハンガリーGP フリー走行3回目
2010年 F1 第12戦 ハンガリーGPのフリー走行3回目が31日(土)、ハンガロリンクで行われた。

この日もドライコンディションとなったハンガロリンク。フリー走行3回目のトップタイムを記録したのは、レッドブルのマーク・ウェバー。2番手にもセバスチャン・ベッテルが続き、レッドブル勢が強さをみせている。

3番手にはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が続いた。

F1ハンガリーGP フリー走行2回目:セバスチャン・ベッテルがトップタイム

2010年7月30日
F1ハンガリーGP フリー走行2回目
2010年 F1 第12戦 ハンガリーGPのフリー走行2回目が30日(金)、ハンガロリンクで行われた。

午前中に続き、フリー走行2回目もレッドブルのセバスチャン・ベッテルがトップタイムを記録。

2番手にはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、3番手にはマーク・ウェバー(レッドブル)、4番手にはフェリペ・マッサ(フェラーリ)とレッドブルとフェラーリ勢が上位を占めた。

F1ハンガリーGP フリー走行1回目:セバスチャン・ベッテルがトップタイム

2010年7月30日
F1ハンガリーGP フリー走行1回目
2010年 F1 第12戦 ハンガリーGPのフリー走行1回目が30日(金)、ハンガロリンクで行われた。

朝には小雨が降ったハンガリーだが、セッションはドライな路面コンディションで行われた。

フリー走行1回目のトップタイムを記録したのはセバスチャン・ベッテル。2番手にもマーク・ウェバーが続き、レッドブルが低速サーキットであるハンガロリンクで好調なスタートをみせた。

F1ドイツGP 決勝 (ドライバーコメント)

2010年7月26日
F1 ドイツGP 決勝
FORMULA 1 GROSSER PREIS SANTANDER VON DEUTSCHLAND 2010

F1ドイツGP:優勝はフェルナンド・アロンソ、フェラーリが1-2!

2010年7月25日
F1ドイツGP
2010年 F1 第11戦 ドイツGPの決勝レースが25日(日)、ホッケンハイムリンクで行われた。

優勝は、フェラーリのフェルナンド・アロンソ。アロンソは、開幕戦バーレーンGP以来となる今季2勝目。2位にもフェリペ・マッサが続き、フェラーリがこちらも開幕戦以来となる1-2フィニッシュを達成した。

ただ、レース中にフェラーリはチームオーダーととれる無線でアロンソを前に行かせており、今後のチーム内情勢はメディアから注目を集めそうだ。

F1ドイツGP 予選 (ドライバーコメント)

2010年7月25日
F1ドイツGP 予選
FORMULA 1 GROSSER PREIS SANTANDER VON DEUTSCHLAND 2010

F1ドイツGP 予選:セバスチャン・ベッテルがポールポジション

2010年7月24日
F1ドイツGP 予選
2010年 F1 第11戦 ドイツGPの予選が24日(土)、ホッケンハイムリンクで行われた。

雨が心配された予選だが、セッションはドライコンディションで実施された。

ポールポジションを獲得したのは、レッドブルのセバスチャン・ベッテル。2番手はわずか1000分の2秒差でフェラーリのフェルナンド・アロンソ、3番手には同じくフェラーリのフェリペ・マッサが続いた。

F1ドイツGP フリー走行3回目:セバスチャン・ベッテルがトップタイム

2010年7月24日
F1ドイツGP フリー走行3回目
2010年 F1 第11戦 ドイツGPのフリー走行3回目が24日(土)、ホッケンハイムリンクで行われた。

フリー走行3回目のトップタイムを記録したのは、レッドブルのセバスチャン・ベッテル。

2番手にはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、3番手にはマーク・ウェバー(レッドブル)、4番手にはフェリペ・マッサ(フェラーリ)が続き、フェラーリとレッドブルがトップ4を占めた。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム