F1レース結果の2010年05月のF1情報を一覧表示します。

F1トルコGP 決勝 (ドライバーコメント)

2010年5月31日
F1 トルコGP 決勝
2010 FORMULA 1 TURKISH GRAND PRIX

F1トルコGP:優勝はルイス・ハミルトン!可夢偉が今季初ポイント!

2010年5月30日
F1トルコGP 決勝
2010年 F1 第7戦 トルコGPの決勝レースが30日(日)、イスタンブールパーク・サーキットで行われた。

ドライコンディションでスタートしたトルコGP決勝レース。レースは、レッドブル勢とマクラーレン勢の4台がリードする展開。

しかし、41周目。レッドブルのセバスチャン・ベッテルとマーク・ウェバーがチームメイト同士でクラッシュ。3-4番手を走行していたマクラーレン勢が順位をあげ、ルイス・ハミルトンが今季初勝利。ジェンソン・バトンが2位でフィニッシュし、マクラーレンがワン・ツー・フィニッシュを達成した。

F1トルコGP 予選 (ドライバーコメント)

2010年5月30日
F1 トルコGP 予選
2010 FORMULA 1 TURKISH GRAND PRIX

F1トルコGP 予選:マーク・ウェバーが3戦連続ポールポジション

2010年5月29日
F1トルコGP 予選
2010年 F1 第7戦 トルコGPの予選が29日(土)、イスタンブールパーク・サーキットで行われた。

ポールポジションを獲得したのはマーク・ウェバー。これでウェバーは3戦連続のポールポジション。レッドブルとしては7戦連続のポールポジションとなった。

2番手はマクラーレンのルイス・ハミルトン、3番手にはレッドブルのセバスチャン・ベッテルが続いた。

F1トルコGP フリー走行3回目:セバスチャン・ベッテルがトップタイム

2010年5月29日
F1トルコGP フリー走行3回目
2010年 F1 第7戦 トルコGPのフリー走行3回目が29日(土)、イスタンブールパーク・サーキットで行われた。

トップタイムを記録したのは、レッドブルのセバスチャン・ベッテル。2番手にはメルセデスGPのニコ・ロズベルグ、3番手にはマクラーレンのルイス・ハミルトンが続いた。

小林可夢偉(ザウバー)は、14番手タイムでセッションを終えた。

F1トルコGP フリー走行2回目:ジェンソン・バトンがトップタイム

2010年5月28日
F1 トルコGP フリー走行2回目
2010年 F1 第7戦 トルコGPのフリー走行2回目が28日(金)、イスタンブールパーク・サーキットで行われた。

フリー走行2回目のトップタイムを記録したのはマクラーレンのジェンソン・バトン。2番手、3番手にはマーク・ウェバー、セバスチャン・ベッテルが続いた。ウェバーは終盤におそらくエンジン寿命が尽き、マシンをストップした。

F1トルコGP フリー走行1回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム

2010年5月28日
F1トルコGP フリー走行1回目
2010年 F1 第7戦 トルコGPのフリー走行1回目が28日(金)、イスタンブールパーク・サーキットで行われた。

トルコGPには、レッドブル、フォース・インディアが新たにFダクトをテストするなど、各チームが新たなアップグレードを持ち込んでいる。

フリー走行1回目のトップタイムを記録したのはマクラーレンのルイス・ハミルトン。2番手タイムにもジェンソン・バトンが続き、好調なスタートを切った。

F1モナコGP 決勝 (ドライバーコメント)

2010年5月17日
F1 モナコGP 決勝
FORMULA 1 GRAND PRIX DE MONACO 2010

F1モナコGP:マーク・ウェバーが2連勝!レッドブルが1-2!

2010年5月16日
F1 モナコGP
2010年 F1 第6戦 モナコGPの決勝レースが16日(日)、モンテカルロ市街地コースで行われた。

レースは、オープニングラップでのニコ・ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ)がトンネル内でクラッシュをはじめ、4度のセーフティカーが入り、12台がリタイアするという波乱の展開。

伝統のモナコGPを制覇したのは、レッドブルのマーク・ウェバー。セーフティカーを物ともせず、圧倒的なパフォーマンスで前戦スペインGPに続き2連勝を遂げた。ウェバーにとってはモナコ初優勝。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム