ルノーF1首脳、周冠宇とクリスチャン・ルンガーのF2での成績に失望
ルノーF1の首脳陣は、ジュニアドライバーである周冠宇とクリスチャン・ルンガーの2020年シーズンのFIA-F2の成績に“失望している”と語る。

二人ともダニエル・リカルドが抜けた穴にフェルナンド・アロンソが加入するまでルノーでのF1デビューが噂されたルノーの育成ドライバーだが、周冠宇はランキング6位、クリスチャン・ルンガーは7位に終わり、40点のスーパーライセンスポイントを満たすことさえできなかった。

F2での2シーズン目となった周冠宇はソチでのスプリントレースで優勝し、5回の表彰台を獲得。一方、ルーキーシーズンとなったクリスチャン・ルンガーは、シュピールベルクとムジェロのスプリントレースで2勝を挙げた。

ルノー・スポール・アカデミーのディレクターを務めるミア・シャリズマンは、周冠宇とクリスチャン・ルンガーの結果には失望しているが、その一方でFIA-F3でタイトルを獲得した19歳のオスカー・ピアストリを称賛した。

「オスカーがFIA-F3で優勝したことは信じられないほどの成果であり、我々はそれを非常に誇りに思っています」とミア・シャリズマンは語った。

「それでも、FIA-F2では周とクリスチャンにもっと期待していた。いくつかの力強いパフォーマンスが勝利と表彰台を獲得したが、チャンピオンシップで6位と7位という結果には少し失望している」

しかし、ミア・シャリズマンは、3人のドライバー全員が10月末にバーレーンで実施されたF1テストの恩恵を受けたと主張した。周冠宇は、ヤス・マリーナで行われたヤングドライバーテストでフェルナンド・アロンソとともに今季マシンを走らせた。

「今年、周とクリスチャンは進行中のF1準備で多大な恩恵を受けた」とミア・シャリズマンは語った。「今年は、そこにF1マシンを初めて体験したオスカーが加わった」

「それはFIA-F3選手権で優勝したことに対する報酬であり、それにふさわしいものだった。彼は好成績を収めており、将来オスカーにはもっと多くの機会があると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / F3 / F2