ルノー F1
ルノーは、F1チームの過半数株式を売却することにより、年間のF1予算を半減することができる。

ルノーF1チームのマネージングディレクターであるジャン・フランソワ・コーベは、「2010年のルノーのコストは2009年の半分になった」とフランスのマスコミにコメント。

ジャン・フランソワ・コーベは、ジェニイ・キャピタルとの契約によって今のところルノーはグリッドに残ることができると述べた。

コーベによると、ルノーは最近、2010年の予算は「経済的困難」により全額支給されないことをチームに通知したという。

「そのため、我々はF1でのブランドの居場所を守る代替案を考え始めた」

ルノーは、手元に残す株式の比率を発表していないが、ルノーのもとに残る株式は25%だとされている。フェラーリのルカ・ディ・モンテゼーモロ会長は、“Tuttosport”に「ゼロよりましだ」とコメントしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー | F1スポンサー