ルノーF1 「図面がなければブレーキダクト内部までコピーはできない」 / ピンクメルセデス問題
ルノーF1は、レーシング・ポイント物議を醸している“ピンクメルセデス”の設計のために絶対にメルセデスから設計図を受け取っているはずだと考えており、あえて内部までコピーできないブレーキダクトを選定したと語る。

前戦F1シュタイアーマルクGPのレース後、ルノーF1はレーシング・ポイントの『RP20』を正式に抗議。だが、マシン全体ではなく、フロントとリアのブレーキダクトが昨年のメルセデス W10のものだと主張した。

F1レギュレーションでは、ブレーキダクトはF1チームが独自に設計する必要のある空力パーツとしてリストに掲載されており、他チームのブレーキダクトを購入したり、図面などの技術情報を収受することは禁止されている。

オーストリアのスチュワードは、ルノーF1の抗議を正当なものと判断し、RP20のブレーキダクトを押収し、メルセデスにはW10の該当パーツを提出するよう求めた。

現在、この問題はFIA(国際自動車連盟)に委ねられている。

レーシング・ポイントF1側は、マシンは100%合法だと自信を持っており、メルセデスW10を写真からコピーしたことは認めつつも、設計自体は独自のものだとしており、その根拠もあると主張している。

しかし、ルノーF1は、レーシング・ポイントのブレーキダクトの内部は設計図がなければ設計できないと確信していると語る。

「今年、レーシング・ポイントは、図面と部品を受け取り、マシンの製造に使用したと信じている」と元FIAの職員だったルノーF1のエグゼクティブディレクターを務めるマルチン・ブコウスキーは Sky F1 に語った。

マルチン・ブコウスキーは、FIAでF1チームから問い合わせがあった先進的な研究開発物の合法性など管理する立場にあり、多くの機密情報にアクセスできる権限があった。

「我々はこれは正しいことではないと信じている。そうでない場合は・・・。FIAが調査するには数週間かかると思っている」

もちろん大きな問題は、ルノーF1が勝訴し、レーシングポイントが敗北した場合にどうなるかだ。

レーシング・ポイントF1は、ピンクメルセデスを変更することを余儀なくされるのだろうか?

マルチン・ブコウスキーは「我々はブレーキダクトに抗議した。それらのブレーキダクトがレギュレーションに違反していると判断された場合、異なるブレーキダクトで競争する必要があるのは確かだ」と語る。

「彼らはおそらく独自に設計する必要さえあるだろう」

ただし、FIAがブレーキダクトが違法であると判断した場合は、RP20全体を調査して、レーシング・ポイントを大幅な変更に追い込む可能性がある。

「FIAがそれらのブレーキダクトが別のチームによって設計されていることを発見した場合、彼らはマシンの残りの部分も調査することになると思っている」とマルチン・ブコウスキーは続ける。

「ブレーキダクトは、マシンの重要なパフォーマンス差別化要因です。人々は、ブレーキを冷却するための小さなダクトであると考えるかもしれないが、今日、それらは重要な空力パフォーマンス要素だ」

「それらはタイヤの温度を制御するのを助けることもできるので、現在、フロントウイングやディフューザーがと同じくらい本当にF1の本質的な部分となっている」

「内部のジオメトリであるブレーキダクトの一部には写真では写せない。したがって、画像の定義でコピーすることは困難だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / F1マシン / レーシングポイント