ルノーF1、2020年型F1エンジンのアップグレードは1回のみ
ルノーF1は、2020年型F1エンジンのアップグレードは1回しか予定していないと語る。

ルノーF1は、今年を2021年を抜本的なF1レギュレーションが変更される2021年への準備に最も熱心に集中したいという意向を秘密にしていない。そして、その方針はF1エンジンにも適用される。

「2020年のF1エンジンは、2021年に我々が行ったすべての作業の進化系だ」とルノーF1のエンジン責任者を務めるレミ・タフィンは AS に語った。

「我々はすぐにでも2021年型パワーユニットに集中したいので、今年はそれほど多くの進化はない」とレミ・ラフィンは付け加え、シーズン中に“スペック2”エンジンが導入される予定であることを明らかにした。

以前、レミ・タフィンは、GPS比較に基づけばルノーのF1エンジンは、メルセデスとホンダよりも優れていると語っている。

「我々はエンジンパフォーマンスについてメルセデスとフェラーリの激しい戦いを目にしている。メルセデスは我々の少し後ろにおり、フェラーリは少し前にいる。ホンダはまだ一歩遅れている。だが、我々はもはや50kWの違いについて話しているわけではない。フェラーリ、メルセデス、そして、我々の間の差は5~10kWだ。ホンダはおそらく15~20kW遅れている」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー