ルノー、F1継続を強く示唆 「まもなく正式に発表できる」
ルノーF1チームの将来は、2019年の失望的なパフォーマンスとグループの元最高経営責任者カルロス・ゴーンの日本での逮捕による余波で、今後の継続について疑問視されていた。しかし、ルノーのF1チーム代表を務めるシリル・アビテブールは、ルノーはF1に引き続きコミットしており、まもなく正式な発表が行われることを示唆した。

「私には原則として長期的には参加していると信じるあらゆる理由がある」とシリル・アビテブールは Reuters に語った。

ルノーは、ビジネス全体で大幅なコスト削減を模索する必要に迫られているが、F1チームはそのほんの一部だ。ルノーはまた、日産との提携を見直しており、コスト削減と共同産業プロジェクトの実現を迫られている。

F1チーム、FIA(国際自動車連盟)とリバティ・メディア間の新しい商業協定の一部として2021年に支出を管理するための新しい予算上限は、ルノーがF1を継続するか撤退するか決定を決定する上で重要な考慮事項になる。

「現在、ルノーが準備ができ次第、その契約を履行すると信じるあらゆる理由がある」とシリル・アビテブールは自信を持って述べた。

「率直に言って、F1を財務的観点、数字的観点から見れば、コストはあるがが、資産であり、投資でもある。そして、条件の大幅な改善が見込まれます」。

カルロス・ゴーンの退任後、前セアトCEOのルカ・デ・メオが同社の次期最高経営責任者に任命され、財務最高責任者クロティルド・デルボスが副CEOに就任。二人の就任はシリル・アビテブールも承認している。

「最も重要な情報の1つは、クロティルド・デルボスが副議長として残るという事実だ。クロティルド・デルボスが、私は自分たちががどこにいるか、クロティルドがどこにいるかを知っている」

「ガバナンスの継続性、決定の継続性が存在することを意味する。デルボス氏と現在まで議論していることはすべて、ルカ・デメオが到着した後でも有効だ」

ルノーは、スポーツの将来を比較検討している唯一のチームではない。メルセデスとホンダもトップレベルの経営委員会の決定に向けて準備を進めている。そして、レッドブルとハースの億万長者のオーナーたちもF1での長期計画に疑問を投げかけている。

一方で、F1でのルノーの将来についての不確実性は、現在のシーズンの終わりに契約が失効した際にダニエル・リカルドを失うリスクがあることを意味する

2020年以降もダニエル・リカルドがルノーに残留する見通しについて質問されたシリル・アビテブールは「主な困難は明瞭な理由のためのタイミングだと思う」とシリル・アビテブールはコメント。

「彼の将来に関して迅速な決断をしたいと思っているが、チームとしてどのように発展しているのか、どのように協力し合っているのか、何を提供できるのかを見るのに少し時間が必要だと思う」

ルノーF1チームの非執行取締役であるアラン・プロストは「真実を言わなければならない。今年について大きな期待はない」と認める。

「ダニエルにとっては残念なことだ。2年目は大きな期待はしていないが、良くなるはずだ」

「2021年に我々ができることに対する彼の認識が増していくだろうし、他チームからのオファーについても現実的になるだろう」

「彼は自分で決定するが、すぐに話し合う予定だ。我々はすべてを手にしているわけではない。それは確かだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー