ルノーF1チーム、2020年F1マシン『R.S.20』を2月12日に発表
ルノーF1チームは、2020年F1マシン『R.S.20』を2月12日(木)に公開することを明らかにした。

2018年をコンストラクターズ選手権4位で終えたルノーF1チームだが、ダニエル・リカルドを迎えた昨年はエンジンカスタマーのマクラーレンに上回られて5位でシーズンを終了。今年、ニコ・ヒュルケンベルグに代えてエステバン・オコンをダニエル・リカルドのパートナーに起用する。

ルノーF1チームは2020年F1マシン『R.S.20』の発表日を公開。2月12日にパリのシャンゼリゼ通りにあるラトリエ ルノーで発表会を開催する。

ルノーF1チームは、テクニカルチームの改変を実施。テクニカルディレクターのニック・チェスターがチームを離脱し、パット・フライが加入。また、エアロダイナミクス責任者のピート・マチンがチームを離れ、ダーク・ド・ビアが後任を務めることを発表している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / F1マシン