アラン・プロスト 「2021年のF1レギュレーションは大きな一歩」
4度のF1ワールドチャンピオンでルノーF1チームのディレクターを務めるアラン・プロストは、2021年の新レギュレーションはF1にとって“大きな一歩”になる可能性があると考えている。

過去数日間、ルノーは今シーズン限りでF1から撤退することを決定したとの報道もある。

しかし、アラン・プロストは、将来について多くのポジティブな見方をしていると L'Equipe に語った。

「クルマが互いに追従する場合のいわゆる“ダーティエアー”にとって大きな前進になる可能性がある」とアラン・プロストはコメント。

「マシンの重量のように変更できないものがあったとしても、コストの上限と収入の再分配は非常にプラスであると考えている。これらはハイブリッドカーであり、ヘイローがあり、より大きなホイールになる」

アラン・プロストがより心配しているのは、リバティ・メディアがF1カレンダーを25戦まで拡大することを計画していることだ。

「ドライバーの仕事を根本的に変えることはないだろう」とアラン・プロストは語る。

「我々の頃は毎週テストを行っていた。だが、メカニックや残りのチームにとって、25戦は本当に難しくなる。原則として収入は増えるが、仕事があまりに多ければ、特に若い人たちにとって、多くの人々を引き付けるかどうはわからない」

「そして、2倍のチームをセットアップしなければならない場合、費用がかかるかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー