ルノーF1 「マクラーレンと戦っているのは恥ずべきことではない」
ルノーのF1チーム代表を務めるシリル・アビテブールは、ミッドフィールドでマクラーレンと戦っていることを状況を受け入れなければならないと語る。

昨年のコンストラクターズ選手権をベスト・オブ・ザ・レストの4位で終えたルノーは、今年は3強チームとのギャップを縮めることを目標に掲げていたが、期待に反してカスタマーのマクラーレンに38ポイント差をつけられて5位に沈んでいる。

だが、シリル・アビテブールは、マクラーレンと戦っていることは恥じることではないとし、チームを構築していくには時間がかかると主張する。

「マクラーレンが我々よりも優れたマシン、より良いシャーシを作ったことは事実だ」とシリル・アビテブールはコメント。

「マクラーレンと戦うことを恥じていない。彼らは今でも素晴らしいチームであり、F1でも名が知れたチームだ」

「我々が好むと好まざるに関わらず、状況を受け入れる必要があると思う。F1は厳しい。しばらくマシンの開発がなく、動いていなかったが、我々はクルマについての理解を深めており、我々にはセットアップを改善する能力がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / マクラーレン