ルノーF1 「潜在的な新F1チームと連絡を取っている」
ルノーのF1チーム代表を務めるシリル・アビテブールは、ルノーは潜在的な新F1チームと連絡を取っていると語る。

最近、“パンテーラ チーム アジアF1”、“カンポス・レーシングと関連するチーム”、“ロシアのSMPレーシングと関連するチーム”が2021年の新規F1参戦を目指していると報じられていたが、リバティ・メディアは「真剣な議論は行われていない」と述べていた。

しかし、ルノーとの協議は行わているようだ。

シルバーストーンを拠点するパンテーラについて質問されたシリル・アビテブールは「パンテーラだけでなく、2021年のルールによってF1が正しい方向に進んでいると考えている人々がいる」とコメント。

「そのなかの何人かは我々に連絡を取り、可能なパートナーシップについて議論を行った」

ルノーは、マクラーレンに戦略的なパートナーシップを申し出たが断られ、マクラーレンは2021年からメルセデスのF1エンジンを搭載することを発表。シリル・アビテブールは“チャンスを逃した”と語っていた。

その代わりにシリル・アビテブールは潜在的な新F1チームに注目している。

「我々はこのタイプのプロジェクトについてオープンに議論している」とシリル・アビテブールはコメント。

「出たり入ったりするようなチームに興味はないが、それが本当に強力なプロジェクトであれば、なぜそうしない?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー