ルノーF1代表 「ハースはヒュルケンベルグの目標に合致しなかった」
ルノーのF1チーム代表を務めるシリル・アビテブールは、ニコ・ヒュルケンベルグがハースF1チームへの移籍を決断しなかったのは、より多くのポテンシャルのあるチームで走ることを望んだからだと語る。

ルノーは、ニコ・ヒュルケンベルグとの契約を更新せず、2020年からダニエル・リカルドのチームメイトとして昨年までフォース・インディアでF1を戦っていたエステバン・オコンをレースドライバーに起用する。

ニコ・ヒュルケンベルグは、ハースF1チームへの移籍が濃厚だと考えられていた、予想を裏切ってハースはロマン・グロージャンの残留を発表。現時点でヒュルケンベルグの来季の計画は不透明なままとなっている。

ニコ・ヒュルケンベルグは、ハース移籍が実現しなかった理由について明言を避けているが「様々なな要素があった。彼らの今年のパフォーマンスもそのひとつだった」と語っている。

現在のニコ・ヒュルケンベルグのボスであるシリル・アビテブールは「ニコのキャリアがどのよな段階にあるかに目を向ける必要がある」と Championat にコメント。

「彼はただF1にいるためだけにF1で走ることを望むような人間ではない。彼にとってF1は野心であり、旅なんだ。ただそこにいればいいというわけではない。彼にとっては達成すべき目標が重要だ。我々のチームが抱いているような目標がね」

「ニコはプロフェッショナルだし、ハースではそういった目標を達成できそうにないということを理解できるだけの経験も持ち合わせている」

「ハースのことをけなそうと思っているわけではない。だが、彼が自分の望むような結果をあそこで達成することができないのは明白だ」

「私は、ニコは模範になり得ると思っている。彼は野心に欠けた人物ではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / ニコ・ヒュルケンベルグ / ハース