ルノーF1チーム
世界モータースポーツ評議会での2008年シンガポールGPに関する決定を受け、ルノーF1チーム社長のバーナード・レイが声明を発表した。

「我々は、今日の世界モータースポーツ評議会に先立ち、自身で真相を確認したことに非常に悲しんでいます」

「背景として、独自の調査の結果、我々は先週FIA異議を申し立てないことを伝え、シンガポールでの事故に対しての責任を認め、すぐにチーム内で適切な行動をとりました」

「今日、我々は評議会の決定を全面的に受け入れます。我々は今回の許されない行動に関してF1コミニュティに全面的に謝罪します。我々はこの事件をすぐに忘れ去り、将来に対して建設的に集中できることを切実に願っています。数日以内に詳しい情報を発表する予定です」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー