F1 ルノーF1 ダニエル・リカルド
ルノーF1のチームプリンシパルを務めるシリル・アビテブールは、2019年から加入するダニエル・リカルドがチームに必要な“笑いとポジティブな姿勢”をもたらしてくれると考えている。

ダニエル・リカルドは、今シーズン限りで10年間過ごしたレッドブルを離れ、2019年からはルノーに移籍する。レッドブルでは7勝を挙げたリカルドだが、ルノーはまだワークス復帰して以降、表彰台に手が届いていない。

ダニエル・リカルドは、この決定が“恐ろしい気分”だったと語っているが、シリル・アビテブールは、リカルドがチームに欠けているものをもたらしてくると語る。

「彼の笑いとポジティブな姿勢。その両方がチーム内に欠けていたと思う」とシリル・アビテブールは Auto Motor und Sport にコメント。

「チームにフレッシュな風、新しいエネルギーが必要なときがある。おそらくレッドブルがアブダビでリカルドが我々のクルマを走らせることを許可しなかったのもそれが理由だろう。彼らは我々が改善できる部分のヒントを与えるからね」

「レッドブルがこの機会を我々から意識的に奪ったのだとしたら、我々は正しい方向に向かっているように思う」

レッドブルとルノーは、12年間にわたるパートナーシップを終了。来年からレッドブル・レーシングはホンダのF1パワーユニットを搭載する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー | ダニエル・リカルド