F1 アラン・プロスト ルノーF1
ルノーF1チームの特別アドバイザーを務めるアラン・プロストは、ダニエル・リカルドが2019年のルノーと契約を結ぶことを望んだことに少し驚いたと認めるが、リカルドはグリッドの上位に返り咲くというルノーの挑戦を認識していると強調した。

ダニエル・リカルドは、8月初旬に今シーズン限りでレッドブルを退団し、2019年からルノーと2年契約を結んだことを発表した。

ルノーは2016年にワークス復帰して以来、まだトップ5以上のフィニッシュを果たせておらず、レッドブルと比較したルノーの相対的なレベルを考えれば、この移籍はパドックの大部分に衝撃を与えた。それは4度のアラン・プロストも同じだったようだ。

アラン・プロストは、2019年にルノーが、メルセデス、フェラーリ、レッドブルと上位を争うと予想するのは時期尚早だが、ダニエル・リカルドはルノーが長期的なプロジェクトであることを認識していると語る。

「我々はまだそのレベルにはいないし、まだ少し早すぎるかもしれない」とアラン・プロストはコメント。

「だが、ダニエルと話をしたとき、我々は非常にフランクな議論をしたし、彼はすべてを知っている。彼はすべてを見ている。彼は来年ワールドチャンピオンになれないことをわかっている。我々はもっと良くなるつもりであるのは確かだが、それには時間がかかる」

「彼が『わかった、加入したい』と言ったときには少し驚いた。彼はチームがさらに良くなっていくためにプッシュすることができるだろう。チームには少しプレッシャーがかかるかもしれない。だが、最終的にそれはポジティブなプレッシャーだ」

アラン・プロストは、ダニエル・リカルドがルノーをミッドフィールドのバトルから抜け出し、上位チームに足を踏み入れる助けになると信じていると語る。

「ドライバーとして、トップチームにいて、そのあと平均的なチームにくると、たくさんの小さな違いが競争力の違いを生み出していることがわかるものだ。彼のようなドライバーは助けになる」とアラン・プロストはコメント。

「我々はトップチームになるために自分たちにやれるすべてをまとめる必要があるし、彼はその一部だ。マーケティング面でも彼は優れた価値がある。彼は面白い男だ。F1内外でダニエルについて話をすれば、彼は決して論争の的になることはない」

「私にとって、彼は人々をオーバーテイクできるベストドライバーのひとりだ。彼は非常に競争力がある。彼はマックス(フェルスタッペン)のようなベストドライバーのひとりと考えられているチームメイトよりも頻繁に多くのポイントを獲得してきた」

「彼は最高の男だし、ルノーのようなチームには良い雰囲気が必要だ。我々には、問題を起こすことなく、一緒にうまく仕事をする2人のドライバーが必要だ。私はダニエルとニコを信じている。良いチームになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / ダニエル・リカルド