F1 ルノーF1
ルノーF1のマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、ダニエル・リカルドと契約するタンスを逃すわけにはいかなかったと語る。

8月3日(金)、ダニエル・リカルドが今シーズン限りでレッドブル・レーシングを離れ、2019年にルノーに移籍することが電撃発表され、F1界に衝撃を与えた。

2019年のルノーのドライバー候補には、カルロス・サインツやエステバン・オコンといったドライバーの名前が挙げられていた。

シリル・アブビテブールは、エステバン・オコンは“獲得リスト”に載っていたが、“うまくいかなかった”と認める。

エステバン・オコンに関しては「メルセデスが我々に貸し出す形になっていただろう」とシリル・アビテブールはコメント。

また、カルロス・サインツも検討していたが、サインツはまだレッドブルの契約下にあるため、ダニエル・リカルドと契約することは「我々にとって100%ルノードライバーを揃えられるため、ベストであるだけでなく、唯一の選択肢だった」と語る。

「ダニエル・リカルドがマーケットに出たことで、逃すにはあまりに大きすぎるチャンスだった」とシリル・アビテブールは RMC Sport にコメント。

「彼と契約しないという余裕などなかった。このような機会は2~3年に一度しか訪れない。トップドライバーの列車が通り過ぎる次の機会は2021年以降になるかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー | ダニエル・リカルド