F1 ルノーF1 2018年のF1世界選手権
ルノーF1は、2018年F1マシン『R.S.18』のエキゾーストのレイアウト、いあゆる『ブロウン・リアウイング』に違法性はないと主張する。

今シーズン、ルノーは排気ガスをリアウイングへ導くことでダウンフォースの増加を狙い、R.S.18のエキゾーストはリアウイングの方に向かって上向きに角度をつけてレイアウトされている。

実際、ルノーは、リアウイングを高熱の排気ガスに耐えられるように耐熱素材で補強しており、F1バルセロナ合同テストでは、リアウイングに熱で焦げた跡がついていたと報じられている。

以前に排気ガスをディフューザーに導いてダウンフォースを得る『ブロウン・ディフューザー』が流行したが、今ではレギュレーションで禁止されている。

そして、今回ルノーが用いている手法は、禁止されている“エキゾースト・ブロウイング”に該当するのではないかとの声もある。

しかし、ルノーF1のシャシーテクニカルディレクターを務めるニック・チェスターは「何の苦情も聞いていない」とコメント。

「エキゾーストに関しては様々なアレンジが可能であり、我々は単にそれをボディーワークの一番上に近づけただけだ」

「大部分のクルマで排出ガスは多かれ少なかれウイングの方に向かって流れている。我々はレギュレーションが許す範囲内で最大のチャンスを生むソリューションを開発しただけだ」

「エキゾーストが許容される位置に設けられている限り、何も問題ではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー