F1 ルノーF1 2018年のF1世界選手権
ルノーは、2018年F1マシン『R.S.18』のエンジンを初始動。ソーシャルメディアでエンジンサウンドを公開した。

ルノーは、昨年マシンを初始動させた日と同じ2月14日(水)の0時30分に新車『R.S.18』をファイヤーアップさせたことを発表。メルセデスとフェラーリに続き、そのサウンドをソーシャルメディアに公開した。

ルノーはF1チームの公式Twitterで「再びバレンタイン・ベイビーだ!」とコメント。

「ルノー・スポールは今朝0時30分にR.S.18の誕生を発表することを誇りに思う。彼女は喜んで産声をあげた。彼女の両親もすべてが順調だ」

ルノーは、2月20日(火)に新車『R.S.18』を披露する。また、ルノーはエンジンサプライヤーとして2018年からトロ・ロッソに代えてマクラーレンにカスタマーエンジンを供給する。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー