F1 ルノーF1 2018年のF1世界選手権
ルノーは、コンパクトモデル『クリオ』(日本名:ルーテシア)に2018年F1マシンの名称を与えた限定モデル『R.S.18』を設定した。

クリオ R.S.18は、ルノー・スポールF1チームのF1マシンと同じ象徴的な“ディープ・ブラック”と“リキッド・イエロー”カラーリングが施される。ドアパネルとルーフにはルノー・スポール“R.S.”のステッカーが貼られ、フロントグリルのルノーのロゴやホイールにはブラックを採用して精悍なルックスを演出。

インテリアも、ステアリングホイールにアルカンターラとレーザーを使用し、エアベントにはカーボンファイバー調の素材を用いるなどレーシーな雰囲気を演出している。

ベース車両は、クリオの最強グレード「クリオ R.S. EDCトロフィー」となり、心臓部には1.6リッター 直列4気筒ターボエンジンを搭載。最大出力は220hp/6250rpm、最大トルクは26.5kgmを発生する。

足回りはサーキット対応の「トロフィー」シャシーを標準装備。「Akrapovic」のエグゾーストシステムが組み込まれる。

イメージ写真では、ガレージでルノーのF1マシンと対峙。F1マシンは、2018年のレギュレーションに沿ってTウィングとシャークフィンが装着されておらず、新車発表に期待が高まる。

ルノー クリオ R.S.18ルノー R.S.1888

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー