ルノーF1 KERS
ルノーは、2週間以内にKERSを再導入するかを決定するという。

開幕戦からKERSを搭載したルノーだが、思ったほど大きな利点を見出すことはできず、三週末のスペインGPでのレースではKERSを完全に取り外した。

ルノーは、すでにモナコGPでKERSを使用しないことを決定しているが、ルノーのエグゼクティブ・エンジニアリング・ディレクターであるパット・シモンズは、トルコGPで再導入するかどうかを決定するつもりだと語る。

「我々は、スペインとモナコでKERSを走らせないという重要な決定をした」

「我々はここ数週間で全てのデータをまとめており、我々のシミュレーションのどこを改善する必要があるか調べているので、トルコを再評価だろう。だから、2週間でトルコについて決定する必要がある。それ以前はない」

「我々の最初のシミュレーションでは、順位はさらに低くなった。しかし、まだ価値はあると言えるだろう」

「たとえシミュレーションで良くても、まだいくつか修正する要素があるので、経験を考慮してシミュレーションを調整している。我々はテスト後の最初の数レースでより理解を深めたと思うし、それは良いリストを届けてくれた。それでNOであれば、我々はKERSを使用しないだろう」

またパット・シモンズは、一部のチームがモナコGPでマシンにKERSを搭載し続ける選択をしていることに困惑していると語る。

「私にとっては、KERSをモナコで使うという選択肢はない」

「失礼かもしれないが、それが良いと考える人がわからない」

「単純に考えれば、モナコはパワーサーキットではないので、アドバンテージは得られない。KERSはトラクションリミテッドではないときにのみ使うことができるが、モナコはずっとトラクションリミテッドだ。間違いなく我々のレーダーにはない」

関連:KERS

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー