ルノー F1撤退
ルノーは13日に声明を発表し、FIAによる予算キャップのルールが変更されなければ、F1から撤退するとの意思を表明した。

FIAが2010年からの導入を発表した予算キャップとそれに伴う2つの異なるテクニカルレギュレーションに反対し、これまでフェラーリ、トヨタ、レッドブル、BMWザウバーが今季限りのF1撤退を示唆している。

ルノーF1チームとルノーは、FOTAの提案や、規約変更の手順を無視したFIAの一方的なやり方に強い不満を示しており、F1に参戦する全ての参加者が同じルールのもとで行われるべきだと主張。

規約が変更されなければ、2009年末でF1を撤退する意思を正式に表明した。

バーナード・レイ (ルノーF1チーム代表)
「ルノーは、常にF1をモータースポーツの頂点であり、技術的な優秀さを示すうってつけのステージだと考えてきた。我々はスポーツに献身的なままであるが、異なるルールで運営される選手権に関与することはできない。このようなルールが実行に移されるのであれば、我々はシーズンの終わりに撤退せざるをえない」

フラビオ・ブリアトーレ (ルノーF1チーム マネージングディレクター)
「我々の狙いは、市場で最も名高いF1のブランドを維持しつつコストを削減することだ。我々は、規則・商業権者と連携してこれを成し遂げたい。我々は、FIAによる一方的な支配を受け入れることを拒否する。2009年4月29日の世界評議会で発表された決定が変更されないならば、我々は2009年の終わりにF1世界選手権から撤退するしかない」

関連:F1 2010年 レギュレーション

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / FOTA / FIA