2010年のF1レギュレーション変更
F1は2010年、レギュレーション変更により、再び新たな時代を迎えることになる。

2010年のレギュレーションで給油の禁止やタイヤウォーマーの禁止など戦略に関わるルールがいくつか変更となる。そして、最も大きなトピックは、4,000万ポンドの予算キャップの導入と言える。予算キャップを導入するかしないかにより、F1マシンの技術的な自由度は大きく変わってくる。現在ではまだ変更案ではあるが、4月29日にFIAが発表した2010年のF1レギュレーションをまとめてみる。

レース中の給油禁止
2010年のF1では給油が禁止となる。これは、燃料給油補給の運搬コストの削減が目的だが、エンジンメーカーはより燃費のよいエンジンを開発せねばならず、レース戦略も大きく変わってくると思われる。

予選Q3での燃料
レース中の給油が禁止になったことで、各F1マシンはQ3も、これまでのQ1、Q2と同様、軽い燃料で走行することが可能になった。これにより、2002年以来となる一発勝負の予選が帰ってくる。

マシン最低重量を620kgに引き上げ
2009年のKERS導入により、特に背の高いドライバーには重量面で不利になっていた。そこで2010年からはマシンの最低重量が15kg引き上げられ、620kgとなる。

タイヤウォーマーの禁止
2010年からはタイヤウォーマーが禁止となる。ただし、リムヒーティングなどのその他の器材は許される模様。また、タイヤ内はこれまでは二酸化炭素も許されていたが、2010年からは窒素か空気のみに限られる。

KERS
300km/h以上での作動は禁止。また、エネルギー貯蔵部(バッテリーやフライホイール)は、ドライバーシートとエンジン前部の間に収納しなければならない。

参戦チーム枠を12チームから13チームに拡大
この変更により、2010年は新たに3チームの参入が可能となる。ただし、新コンコルド協定では、2010年からカスタマーマシンの使用が禁止され、独自のシャシーを設計・製造が必須条件となる予定である。すでにUSF1、プロドライブ(アストンマーティン)、iSportが参戦に興味を示している。

4,000万ポンドの予算キャップの選択
2010年から、各F1チームには4,000万ポンドの予算キャップ導入のオプションが与えられる。予算キャップを選択しないチームは、これまでのテクニカルレギュレーションが導入されるが、予算キャップを導入したチームには、技術的に大きな自由が与えられることになる。ただし、グランプリが2つのルールで運営されることにF1チームは難色を示しており、変更になる可能性は高い。

 予算キャップ選択チーム予算キャップ非選択チーム
テスト日数と走行距離無制限1月1日から開幕戦週までに15,000km
風洞スケール、流速の無制限60%スケール、流速は50km/sまで
エンジン無制限1シーズン8基
ギアボックス無制限4戦連続使用
フロントウイング10度の角度変更、回数は無制限6度の角度変更、1周につき2回まで
リアウイングドライバー操作で可変可能可変禁止
KERS出力160kw80kw
駆動方式四輪駆動(4WD)も可能二輪駆動(2WD)のみ
KERS対象四輪リアホイールのみ


関連:F1 2010年 レギュレーション - 2009年12月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1関連 | FIA