ルノー BP
ルノーは、2016年に石油会社のBPと契約を結ぶと Autosport が報じている。

近年、トタルと働いてきたルノーだが、新しいパートナーを探しており、BPと複数年契約を結ぶとされている。

エクソンモービルをレッドブルに奪われたマクラーレンもBPとパートナーシップを結ぶとされているが、ルノーの契約よりも商業的な面は小さい技術的な契約になるという。

ルノーは、BPとの契約についてコメントを避けているが、マネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは最近、メルセデスとペトロナスのようなパートナーシップを確立したいと述べている。

「チームとして復活するという決定を下す前に我々が非常に慎重にやってきたことは、メルセデスの成功の鍵となった要因を調べることだった」とシリル・アビテブールはコメント。

「メルセデスの成功の鍵となっている要因のひとつはペトロナスだ」

「当時、多くの人々はわからなかったが、ペトロナスは財政的にも技術的にもF1にかなりコミットしている」

「それが我々が必要としているものだ。100%コミットしているパートナーだ」

「ペトロナスがメルセデスのために続けていくのと同じように、新しいパートナーシップを通して、我々は同じ欲求と財政リソース、技術力のあるパートナーを探すことができると完全に確信している」

マクラーレン・ホンダ、エクソンモービルをレッドブルに奪われる
マクラーレン・ホンダ、エクソンモービルをレッドブルに奪われる

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / F1スポンサー