ヴィタリー・ペトロフ
ロータス・ルノーGPのチーム代表エリック・ブーリエは、今シーズンのヴィタリー・ペトロフの残留がリスクを覚悟の決断であり、成果を挙げなかった場合は「弁解の余地がなかった」と述べた。

2010年、ヴィタリー・ペトロフはチームメイトのロバート・クビサの136ポイントに対して26ポイントと期待外れなシーズンを送ったが、最終戦アブダビGPで印象的なパフォーマンスをみせたことでシートを繋ぎとめた。

ヴィタリー・ペトロフは、2011年開幕戦オーストラリアGPでは初の表彰台を獲得する活躍をみせたが、エリック・ブーリエは、ペトロフに関して冬にわたって多くの議論があったことを明かした。

「彼は去年いくつか良いレースしたが、ミスもあった。そのため私は彼にあらゆるプレッシャーをかけた。何が間違っていたか、なぜミスをしたかを理解するために、彼と話すことに多くの時間を費やした。我々は彼との議論に多くの時間を費やし、イギリスの文化、もっと言えば、F1の文化を学べる環境に置いた」

「またマシンに周りのコミュニケーション力も向上させ、スピードを改善させるための意見の伝え方を見つけさせ、チームが彼に何を期待しているのかを理解させる必要があった。彼は、イギリスへの引越しを含め、我々の期待に近づくために努力をすることを確約してくれた」

エリック・ブーリエは、あらゆる議論にもかかわらず、ペトロフとの2年契約は賭けだったと述べ、彼が成果そうになければ責任をとらなければならなかっただろうと認めた。

「彼が2年目も失敗したら弁解はできないので、(彼の残留は)簡単な決断ではなかった。彼は良い方向に反応を示しているし、彼と一緒に何かを成し遂げられそうだ」

だが、エリック・ブーリエは、ペトロフはまだ若く、負傷をしたロバート・クビサに代わってチームリーダーの役割を担うにはまだ程遠いと警告する。

「1マイルも走らずにスタートして、F1で1年しか経験していない若者にチームリーダーの肩書きは与えられない。だが、彼がそのポジションを掴み取ってくれれば嬉しいし、日曜日に見たパフォーマンスを繰り返し続けてくれれば、正直、満足以上だろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / ヴィタリー・ペトロフ