レッドブルF1、2023年は岩佐歩夢を含む育成ドライバー6名をF2に投入
レッドブルF1は、2023年にジュニアチームでサポートする22人の育成ドライバーのうち6人をFIA-F2に送り込む。これはGP2/F2の歴史のなかで最多のF1ドライバーアカデミーからの参戦となる。

レッドブルは、2022年のFIA-F3をランキング2位で終えたゼイン・マロニー、シーズン前の手術から立ち直り、ルーキーシーズンを8位で終えたエンツォ・フィッティパルディを新たにジュニアチームに追加した。

ゼイン・マロニーとエンツオ・フィッティパルディは、2023年のFIA-F2でカーリンでチームを組み、今年ウィリアムズF1のドライバーに昇格したローガン・サージェントと、レッドブルの育成ドライバーとしてスーパーフォーミュラに参戦するリアム・ローソンが空いたシートを埋める。

リアム・ローソンは、かつてピエール・ガスリー、ダニエル・ティクタム、パトリシオ・オワード、ユーリ・ビップスなどの当時のレッドブ・ジュニアを日本で走らせていたチーム無限からスーパーフォーミュラに参戦する。

2021年のFIA-F3のチャンピオンであるデニ・ハウガーは、プレマでランキング10位に終わったトリッキーなルーキーF2シーズンにもかかわらず、サポートを維持している。

デニス・ハウガーは、フェリペ・ドルゴビッチを2022年のタイトルに導いたMPモータースポーツに移籍。2022年のチームメイトであり、レッドブルと3年間過ごした後に育成ドライバーを外れたマヒンドラのフォーミュラEリザーブドライバーであるユアン・ダルバラが加わる可能性が高い。

ホンダの育成ドライバーでもある岩佐歩夢は、DAMSで非常に印象的なシーズンを過ごした後、昨年のF2ランキングでトップの新人サージェントから7ポイン差のランキング5位でシーズンを終えた。2023年もDAMSに残留してFIA-F2での2シーズン目を迎え、フェラーリF1の育成ドライバーであるアーサー・ルクレール(シャルル・ルクレールの弟)がチームメイトとなる。

また、レッドブルは、F3卒業生のアイザック・ハジャルジャック・クロフォードの2人もF2に投入する。。彼らは昨年、F3でそれぞれ4位と7位でフィニッシュし、ハイテックGPではレッドブルが支援する完全なラインナップを形成する。アイザック・ハジャルは、レッドブルによって特に高く評価されている。

F2の6人のドライバーは、F1の主要なフィーダーシリーズに対するレッドブルのこれまでで最大のコミットメントを示し、2020年にフェラーリがサポートした合計5人のドライバーを上回っている。その5人のなかでF1に参加したドライバーはミック・シューマッハだけだった。

メルセデスは、ARTグランプリからプレマに転向してF2で2年目を迎えるフレデリック・ベスティをサポートし、アルピーヌF1の育成ドライバーであるジャック・ドゥーハンは2シーズン目もヴィルトゥオージで継続する。

レッドブルは今年、FIA-F3で1人のドライバーのみをサポートする予定であり、すでに発表されているセバスチャン・モントーヤ(ファン・パブロ・モントーヤの息子)が、昨年のモンツァでのスポット参戦に続き、ハイテックでの最初のフルタイム参戦を果たす。

フランスF4で3位に入った日本人ドライバーの荒尾創大は、ハイテックからGB3(旧イギリスF3)に参戦する。

レッドブルはまた、F4ドライバーのアーヴィッド・リンドブラッド、新加入のエンツォ・デリニー(スペインF4)とエンツォ・タルンヴァニククル(カート)を引き続きサポートする。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル