レッドブルF1代表、鈴鹿初日の天候で「中途半端なジレンマに直面」 / F1日本グランプリ
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1日本GPの天候の不安定さによって、残りの週末にむけて「中途半端なジレンマ」に直面していると主張する。

3年ぶりに鈴鹿サーキットに帰ってきたF1日本GPの初日は雨に支配され、2回のプラクティスセッションでマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスは3番手と4番手でフィニッシュ。ジョージ・ラッセルがトップタイムをマークし、メルセデスが1-2で終えた。

初日の情報は役には立つものの、フリー走行3回目と予選が行われる土曜日はドライ、日曜日の予報はまちまちで雨が降る可能性もある。

日曜日にマックス・フェルスタッペンが2回目のF1ワールドチャンピオンを獲得する可能性がある鈴鹿サーキットでのレッドブルRB18 のパフォーマンスを振り返ったクリスチャン・ホーナーは「トリッキ―なコースだ。このトラックはタイヤにとても厳しい」とSky Sports F1 に次のように語った。

「インターを1セットしか使わなかった。メルセデスは3セット走らせていたと思う。我々のペースは妥当だと思う。ここでフロントタイヤが終わってしまうのがすぐにわかると思うし、多くの結論を出すのは難しい」

「彼らが見るべきデータはたくさんあるが、全体としてはかなり妥当な1日だった」

週末のコンディションを考えると、クリスチャン・ホーナーは理想的なセットアップを見つけるのが難しいことを分かっち得る.

「明日はドライに見え、日曜日はウェットのように見えるので、その妥協点を見つけようとしている」とクリスチャン・ホーナーは付け加えた.

「中途半端な妥協点を確保しようとしている。マシンに妥当な量のダウンフォースがあり、選択した剛性と同じように、両方の条件に妥当なレベルを選択していることを確認しようとしている」

「今夜はこれらの議論が行われるだろう。どこに重きを置くべきだろうか? グリッドポジションなのか、それとも実際のレースなのか?」

メルセデスは 3 セットのインターミディエイト タイヤを使用してウェットでのセットアップを見つけ、チームは日曜日に再び雨が降る必要があるためのベースを少なくとも築くことができた。

しかし、ドライでの予選に関しては、中高速コーナーが支配的であることを考えると、クルマがサーキットに特に適していると考えられているため、レッドブルは依然として優位に立つと考えられている。

しかし、クリスチャン・ホーナーはメルセデスを排除するつもりはないと語る。

「これらの追加のタイヤセットを使えば、新しいセットには大きなアドバンテージがあることは間違いない」とホーナーは評価した。

「今日のタイヤはおそらく代表的なものではないだろうが、彼ら(メルセデス)は間違いなく混ざり合っており、間違いなく競争力があるように見える」

「フェラーリもポジションを外れていると思うので、全体がもう少し調和してくると思う」

レッドブル・レーシング F1 日本グランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1日本GP