レッドブルF1代表 予算上限の違反疑惑に激怒「名誉棄損」
レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、レッドブル・レーシングが2021年にF1の予算上限を超えたというライバルチームからの主張に「名誉棄損」だと怒りを露わにした。

金曜日、ドイツとイタリアのメディアは、レッドブルとアストンマーティンが昨年、新たに導入された予算上限を使いすぎたことを示唆する報道を行った。

1 つのチームはわずかに超過したが、もう1つチームは上限を大幅に超えたと伝えられている。

レッドブル・レーシングは、6か月前にFIA(国際自動車連盟)に決算を提出しており、1億4500万ドルの予算上限の下で運営されていることに自信を持っていると主張している。

メルセデスとフェラーリは金曜日、告発の中でレッドブル・レーシングを批判し、クリスチャン・ホーナーの激しい反応を引き起こした.

「昨日、2つのライバルチームから寄せられたコメントに少し驚いた」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「チームとFIAの間の提出物は機密事項だ。競合他社の提出の結果がどうなるか、または会計処理などがどうなるか分からない」

「したがって、これらの架空の主張の情報源がどこから来たのか知りたい。彼らは非常に中傷的であり、我々は彼らに憤慨している」

レッドブル・レーシングは、現在支配的なシーズンを享受しており、2022 年にはドライバーズおよびコンストラクターのチャンピオンシップを獲得することは確実だ。

マックス・フェルスタッペンは、早ければ今週の日曜日にシンガポールでタイトルを獲得する可能性がある。クリスチャン・ホーナーは、フェルスタッペンの2回目のチャンピオンシップ獲得の前夜に申し立てが行われたのは偶然ではないと考えている。

「これがマックスが世界選手権での彼のファーストストライクの場所であることは偶然ではないとしか思えない」とクリスチャン・ホーナーは言った.

「一体どうして彼らはこの情報を持っているのか?彼らはどこでこの知識を持っていますか? FIAはプロセスを完了していないとさえ述べている」

「したがって、これらの声明の明確な撤回がない限り、我々はそれを非常に真剣に受け止め、利用可能なオプションが何であるかを検討する」

「チーム、ブランド、さらにはF1を完全に中傷する昨日のようなコメントをすることは絶対に受け入れられない。彼らの情報源がどこから来たのか知りたい」

FIAは来週、コンプライアンス証明書を発行する予定であり、状況をより明確にする予定としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル