レッドブルF1首脳 「F1復帰に興味持っているホンダと交渉している」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ホンダはF1に復帰することに「興味を持っている」と語る。

最近、レッドブルとポルシェは、2026 年に予定されていたワークスエンジンのコラボレーションと 50% のチーム バイアウトについての交渉が決裂したことを認めた。

昨年末にホンダが正式にF1から撤退した後、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、ホンダとの交渉を開始するために間もなく日本に行くと発表した。

「ホンダが撤退を発表したとき、我々には多くの選択肢がなかった」とヘルムート・マルコは、レッドブルが独自のエンジン子会社を設立したことに言及して ORF に語った。

レッドブルは現在、ホンダ ベースのF1パワー ユニットに技術サポートを提供するホンダ・レーシング(HRC) と協力して、レッドブルブランドのエンジンを稼働させている。

「当時フェラーリとも話をした」とヘルムート・マルコは説明した。

「しかし、現在フェラーリのエンジンがあったとしても、おそらくフェラーリのファクトリーエンジンのようには動かないだろう」

レッドブルは現在、2026年に独自のF1エンジンを稼働させる予定だ。

「記録的な速さで独自のファクトリーを建設しました」とヘルムート・マルコは語る。

「最初のエンジンはテストベンチで稼働している」

「我々は 300 人のトップ スペシャリストを雇ったが、その中にはメルセデス・ベンツの元従業員も含まれている。もちろん、我々は最高の人材を求めている」

「電気部品のノウハウはまだないが、その分野でもベストになるための接点はすでにある。我々は独立している。すべてを独立して行うことができる」

「しかし、我々はレッドブルの努力を減らすためのパートナーシップにもオープンだ。現在、再び協力することに興味を持っているホンダと交渉している。しかし、レッドブルの DNA が危険にさらされないようにする必要がある」

「それは主に、非常に迅速に対応できる信じられないほどの柔軟性に関するものだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1