レッドブルF1首脳 「岩佐歩夢はFIA-F2で2年目のシーズンが必要」
2023年にアルファタウリF1にコルトン・ハータを起用するという計画は叶いそうもなく、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1スーパーライセンスのシステムを再考する必要があると語る。

一部のF1チームだけでなく、F1 CEOのステファノ・ドメニカリとFIA(国際自動車連盟)もインディカーのドライバーであるコルトン・ハータが2023年にアルファタウリでF1デビューすることを許可するために、厳格な資格基準を曲げることに関心がないようだ。

また、ピエール・ガスリーが「体調不良」で木曜日にモンツァ・サーキットに現れなかったのは、コルトン・ハータをめぐる憶測についてのメディアの熱を避けるためだと疑う人もいる。
しかし、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、コルトン・ハータがF1にステップアップできないことは現在のシステムの欠陥であると示唆している。
「本当に速いレーシングカーは、内部競争が激しいインディカーや日本のスーパーフォーミュラにある。それらはジュニアシリーズに比べて明らかに過小評価されている」とヘルムート・マルコは Auto Motor und Sport に語った。

しかし、レッドブルがピエール・ガスリーの後任としてエキサイティングなアメリカ市場にしか目を向けていないのは、レッドブルのジュニアドライバーは誰もF1にステップアップする準備ができていないからであることも明らかだ。

ヘルムート・マルコは、レッドブルが支援するリアム・ローソン、ユアン・ダルバラ、ユーリ・ビップスのF2キャンペーンに失望していると伝えられている。

また、日本人の岩佐歩夢についてヘルムート・マルコは「彼には2年目のF2シーズンが必要だ」と語った。

F3のアイザック・ハジャールにも同じことが言えるが、ヘルムート・マルコは17歳のフランス人が「プロストのようなドライバー」になることを大いに期待していると語った。

これらの理由から、ヘルムート・マルコはFIAがコルトン・ハータに例外を設けるよう強く求めており、ハータは明らかにF1にステップアップする準備ができていると語った.

「F1もアメリカ人がいることを喜ぶだろう」とヘルムート・マルコは語った.

しかし、コルトン・ハータが青信号を取得しない場合、つまり、ピエール・ガスリーがアルピーヌに移籍しない場合、おそらく新しいF2チャンピオンのフェリペ・ドルゴビッチがルノーが所有するアルピーヌF1チームのシートの最有力候補だ。

彼はルノーだけでなく、ブラジルの大手銀行の 1 つからも支援を受けていると伝えられているが、メルセデスが支援するニック・デ・フリースは、最近ザントフォールトでアルピーヌF1チームの経営陣と会話しているのが目撃されている。

レッドブルF1 岩佐歩夢

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル