レッドブル、ピエール・ガスリーの2023年のアルピーヌF1チーム移籍を除外
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコ、およびスクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、ピーエル・ガスリーと2023年のアルピーヌF1チームの空席を結びつける推測を真っ向から否定した。

マクラーレンがオスカー・ピアストリをアルピーヌF1チームから奪うことは濃厚とされ、ルノーが所有するチームにとっての完璧な“プランB”は、ピエール・ガスリーとエステバン・オコンというオールフレンチのラインナップになると考える人もいる。

26歳のピエール・ガスリーは、2023年末までレッドブルと強固な契約を結んでいる。レッドブル・レーシングへの移籍を熱望していたガスリーだが、2023年もセカンドチームであるスクーデリア・アルファタウリに残留することへの失望を隠していない。

以前からピエール・ガスリーの次の目的地はフランスのチームであるアルピーヌF1チームだと噂されていた。

「ガスリーに出口条項はない」とヘルムート・マルコは憶測についてSport1に語った.

「夏休み前は条項がなく、夏休み後も条項はない」

一方、スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表であるフランツ・トストは、アルピーヌF1チームがピエール・ガスリーのレッドブルとの契約を買収するために、オスカー・ピアストリ陣営から得ようとしている補償を当てる準備ができていると提案を軽視した.

「レッドブルがピエールを手放すのは意味がない」とフランツ・トストは語った。

「レッドブルのドライバーが失敗した場合、介入できるドライバーは他にいない。それができるのはガスリーだけだ」とフランツ・トストは付け加えた。

また、フランツ・トストは、スクーデリア・アルファタウリがナンバーワンドライバーとしてピエール・ガスリーに非常に満足していると語った。

「ピエールはとても才能がある」とフランツ・トストは言った。

「彼はすべてを慎重に考え、非常に集中している。適切なクルマがあれば、彼は先頭に立つことができる。それが今の我々の仕事だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ピエール・ガスリー / アルファタウリ / アルピーヌ