レッドブルF1首脳 「セバスチャン・ベッテルのF1引退は正しい決断」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルがF1から引退するという決断を“完全”に支持していると語る。

ヘルムート・マルコは、レッドブルF1の悪名高いドライバープログラムの責任者であり、現在35歳のセバスチャン・ベッテルをF1に送り出し、4回のF1ワールドチャンピオンへと導いた。

だが、その後、セバスチャン・ベッテルは、フェラーリ、アストンマーティンF1へと移籍し、今では下位では戦いを余儀なくされている。

「彼が引退を発表したスピーチは非常に強いものだと思った」とヘルムート・マルコはSky Deutschlandに語った。

「それは今、彼の興味が別の方向に進んでいることを示している」

「もちろん、彼には競争力のあるコックピットがなく、おそらく見つからなかったであろうことも考慮に入れる必要がある。だから、私にとって、決定は完全に正しいことだ」

また、ヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルの「優先順位」が、史上最も支配的なF1ドライバーの1人としての彼の時代から変化したとOsterreichに語った。

「ベッテルの綿密さは我々のDNAに完全に適合した。すべてが完璧に連携していた」とヘルムート・マルコは語った。

「彼には今、他の優先事項があり、彼の車では表彰台に上ることさえできていない。したがって、彼がこの結論を引き出すことは論理的だ」

「全身全霊を注ぎ込むことができなければ、先に進むことはできない」

ヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルの状況は、フェルナンドアロンソの状況とはまったく対照的であると語った。アロンソは、41歳になったばかりであるにもかかわらず、アストンマーティンF1でベッテルの後任を務める予定となっている。

「彼はまだ超高速だ」とヘルムート・マルコは語った。

「彼がまだどれだけの結果を出しているかは信じられないほどだ。私にとっては、シーズンのサプライズだ」

「彼はまだドライバーとして勝利を収めることができると思う。唯一の問題は、アストンマーティンが彼にパッケージを提供できるかどうかだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / セバスチャン・ベッテル