レッドブルF1首脳 「RB18の開発はシーズン後半まで継続する」
残り10戦でマックス・フェルスタッペンがシャルル・ルクレールに63ポイントの差をつけているにも関わらず、レッドブル・レーシングは2022年F1マシンであるRB18のアップグレードのアクセルを踏み続けている。

スクーデリア・フェラーリは、明らかに最速の車を持っているにも関わらず、ドライバーとチームのミスによってポイントを失うさまは“コメディア”だと嘲笑されている。

「彼らは可能な限りすべてを2022年の車に搭載した」とMatch TVのロシア人F1コメンテーターであるアレクセイ・ポポフは語った。

「そして、彼らは成功した。だが、彼らはタイトルのために戦う準備ができてなかった」

「フェラーリは、エンジン、戦術、ドライバーのエラーなど、すべてを混乱させることに成功した」

「それでタイトルのためにどうやって戦うことができるか分からない。そして、批判されるのはそれほど怖いことではないが、笑われるのは彼らにとって怖いことだ」

「ジャン・トッドとロス・ブラウンの時代にこんなことは想像できなかった」

元メルセデスF1の責任者であるノルベルト・ハウグは、ポール・リカールでリードしている間のシャルル・ルクレールの無理なエラーが彼のF1ワールドチャンピオンへの希望にとって「みぞおちにパンチを食らった」ようなものであることと同する。

「ルクレールがこれから10勝したとしても、タイトルを獲得できない可能性がある。これは、ルクレールにとって今の難しさを示している」とノルベルト・ハウグはSport1に語った。

「10レースで自力でフェルスタッペンを倒すのは非常に難しい」

「ありがたいことに、マッティア・ビノットは落ち着いていて穏やかだ。彼が冷静さを失わないのは本当に驚くべきことだ。それは非常にポジティブなクオリティだと思います」

だが、レッドブル・レーシングが、シャルル・ルクレールの反撃に対して十分かどうかに警戒を怠っていないのは確かだ。

「ブダペストはフェラーリにより適したトラックだ。夏休み後になって初めて、我々に適したレースがある」とヘルムート・マルコは語った。

したがって、レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、RB18の開発は今のところまだ押し進められると語る。

「予算上限に沿って可能な限り最も効率的な開発を提供する計画がある」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「現時点では、それから逸脱する計画はない」

ヘルムート・マルコは次「アップデートはそれほどシリアスなものではなくなるが、シーズン後半までアップデートはある」と確認した。

「我々は大きなリードを築いているが、2台の車のパフォーマンスを見るとおそらくそれよりも大きい」

また、ヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンが予定外の新品エンジンをインストールするためにシーズン後半にグリッドペナルティを科さなければならないと予想している。

「オーバーテイクがしやすいトラックを選ぶ必要がある」とヘルムート・マルコは語った。

「まだ多くのことが起こる可能性がある。チャンピオンシップで現実的なチャンスを得るには、10~12レースに勝つ必要があると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル