レッドブルF1代表 「ファンの二極化は会場毎にヒーローと悪役を生む」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1の二極化したファンベースには常に「ヒーローと悪役」が存在することを意味し、ドライバーが果たす役割は会場によって変わると考えている。

最後の2つのレースで、F1はルイス・ハミルトンのテリトリーであるシルバーストンから、マックス・フェルスタッペンのテリトリーであるレッドブルリンクに移動した。

どちらもレース週末でも、マナーという点でいくつかの教訓を学ぶことができるファンに行動があった。

マックス・フェルスタッペンはシルバーストンのファンに嘲笑され、ルイス・ハミルトンは彼らの行動を非難。「おそらく彼らの何人かは昨年からの痛みを感じている」と付け加えた。

だが、次のレースで観客からブーイングされていたのはルイス・ハミルトンだった。ハミルトンが予選でクラッシュしたときに歓声を上げる観客さえいた。

マックス・フェルスタッペンは、ドライバーをやじる人は「本当のF1ファンではない」と語った。

クリスチャン・ホーナーは、F1の人気の高まりが代償を払っていると考えている。この出来事は、何十年にもわたって見られたなかで最も激しいタイトル争いの1つであり、厄介であると言わざるを得ない時期に起こった。

「他のスポーツで見られるように、F1の人気が高まるにつれて、ファンのサポートは二極化している」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「記録的な観客数を動員し、新しい観客がスポーツに参加するようになっている。我々が行くすべてのグランプリで記録を破っている」

「非常に多くの新しいファンがこのスポーツに参加しており、サーキットごとに常にヒーローや悪役がいることになる」

「ドライバーやチームの好みに関しては、それは常に起こることになるだろう」

しかし、レッドブルリンクでの虐待行為は二極化したファンを超えており、他のファンに人種差別的で同性愛嫌悪的な虐待を投げかける観客がいたと伝えられている。

クリスチャン・ホーナーは「起こったこれらの孤立した事件に関して、当然ながら、我々はいかなる方法、形、形態であっても、虐待、いじめ、人種差別、偏見を容認しない」

「そして、我々は、F1コミュニティのすべてのメンバーと完全に一致している」

「実際、表彰台で、確かに私が立っていた場所から、ルイスへのブーイングはなく、すべてのドライバーへの敬意があったことを聞いてうれしく思った」

「耐えられないことの1つは、あらゆる形態の虐待、偏見、人種差別、同性愛嫌悪だ」

「そのようなものはこのスポーツに属していない。我々は、このスポーツにはそういった場所はないということでピットレーンで同僚と肩を組んで立っている」

レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル