レッドブルF1代表 「フェラーリのスプリット戦略は理解に苦しむ」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1イギリスグランプリでシャルル・ルクレールの勝利の可能性を犠牲にしたフェラーリの戦略によって「困難を脱した」と語る。

序盤の10レースで、マックス・フェルスタッペンのタイトル争いのメインとライバルとみられていたシャルル・ルクレールは、セーフティカーによって状況が一変するまで、チームメイトのカルロス・サインツとルイス・ハミルトンに先んじてレースをリードしていた。

フェラーリは、カルロス・サインツについて他のライバルと同じようにソフトタイヤに交換するためにピットインしたが、シャルル・ルクレールについてはハードタイヤでトップのままステイアウトさせた。

当然ながら、レースが再開するとシャルル・ルクレールは無防備な状態であり、激しく抵抗はしたものの、4位でレースを終えた。つまり、潜在的な26ポイントはわずか12になり、車にダメージを負ったマックス・フェルスタッペンが7位でフィニッシュしたことで、ルクレールはフェルスタッペンに対して6ポイントしかゲインできなかった。
また、シャルル・ルクレールは、ランキング2位のセルジオ・ペレスとの差を9ポイントまで広げられた。

シャルル・ルクレールは今年のいくつかのレースでフェラーリの故障と不十分な戦略決定によって妨げられており、レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、フェラーリが再びミスをしたと感じている。

「非常に多くのことが起こったレースだと思う」とクリスチャン・ホーナーはChannel 4に語った。マックス・フェルスタッペンは12周目にデブリを踏んでダメージを被るまで快適な勝利を目指していた。

「マックスが7位を激しく戦うことはそれほど価値のあることではあなかった。フェラーリは、シャルルで少し我々を困難から脱してくれた」。

「カルロスにとって素晴らしかった。彼は、常に非常に速い若いドライバーだったし、今日の彼はあより良い戦略を手に入れた」

「彼らは車を分割した。その理由を理解するのは困難だった。だが、それは我々とは何の関係もなかった。我々を利用するかは彼ら次第であり、シャルルは表彰台を獲得することになったチェコ(ペレス)に対して脆弱になった」

レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / フェラーリ / F1イギリスGP