レッドブルF1、新形状の“棚”のようにみえるエンジンカバーを投入 / イギリスグランプリ
レッドブル・レーシングは、2022年F1第10戦イギリスグランプリでアップグレードを投入。エンジンカバーに沿って“棚”のように見えるものが興味深いソリューションを設置した。

シルバーストンに登場したレッドブルRB18は、サイドポッドとエンジンカバーが出会うボディワークの形状に大幅な変更を加えられた。これにより、サイドポッド上とヘイローのショールダー上からの両方で、気流が流れる独特のチャネルが作成されている。

この「棚」を作成することで、チームはサイドポッドの上面にある気流の通路を分離することが可能となる。

興味深いことに、レッドブル・レーシングの姉妹チームであるアルファタウリは、シーズンの序盤からこの「棚」アプローチを採用している。また、アルファタウリと同様に、パネルから排出される熱をサイドポッドを通過する気流から隔離するために、上部冷却ルーバーパネルの位置が変更された。

さらに、エンジンカバーの出口が持ち上げられて平らになっているため、コークボトル領域にはるかに顕著なアンダーカットが施され、フロアとビームウィングのパフォーマンスの向上が期待できる。

また、レッドブル・レーシングは、フロアパッケージの最適化を続けており、チームが全体的な利益につながる気流の状態を改善するために、小さいながらも意味のある方法を追求してストレーキとフロアエッジに修正が加えられている。今シーズン、F1チームはフロアのパネルセクションを利用して、構造全体を再製造することなく、これらの変更を迅速に行えるようにしている。

RB18のフロントブレーキアセンブリにも変更が加えられ、近くにある他のコンポーネントの温度の影響を過度に受けないようにするためにキャリパーの設計を修正されている。これは最近追加されたキャリパーとブレーキディスクシュラウドの表面処理と一致しており、熱交換の管理に役立つ。

レッドブル・レーシング F1 イギリスグランプリ


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1イギリスGP