レッドブルF1代表 「予算上限によってタイトルは裁判所で決まる恐れがある」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1の予算上限が2022年のF1タイトル争いに影響を与えかねない重要な役割を改めて強調。タイトルが裁判所によって決定される恐れがあると語る。

現在、レッドブル・レーシングとマックス・フェルスタッペンは、両方のチャンピオンシップをリードしているが、クリスチャン・ホーナーは、シーズン開幕以来、インフレ、エネルギーと運賃コストの上昇、グローバルなサプライチェーンの問題など、F1チームに課された予算への影響に声を上げてきた。

レッドブル・レーシングは、マクラーレンとフェラーリとともに、F1の1億4000万ドルのコスト上限に違反せずに、シーズン最終戦アブダビグランプリに到達することはほぼ不可能であると信じている。

「自分たちの車を設計する方法は自分たちのコントロールの範囲内にある」とクリスチャン・ホーナーはSky F1に語った。

「それは自分たちのデザイナーのグループと一緒に作成するものだ。自分たちで運命をコントロールしている」

「現在、我々が世界で目にしていることは、世界中の家計に影響を及ぼしているインフレコストをコントロールできていないことだ。英国では、11%のインフレが予測されている」

「それは、スタッフ、原材料、電気、商品、供給部品に直接的な影響を及ぼす。それは、本当にFIAが対処する必要のある不可抗力の状況だと思う」

クリスチャン・ホーナーは、F1のチームの50パーセントが「現状を維持すれば」予算上限を超えることを余儀なくされるだろうと見積もっている。そして、その超過はFIA(国際自動車連盟)によって課せられるペナルティにつながり、タイトル争いの最終結果に影響を与える可能性がある。

「我々は、法廷、またはパリのFIAの前でチャンピオンシップが決定されることを望んでいない」とクリスチャン・ホーナーは警告した。

「これに対処するために1年のうちの6か月がある。今、行動する必要がある」

クリスチャン・ホーナー、FIAが現在の状況に対処しない場合、別のリスクが地平線上にあると考えている。

「トップチームは、それに対処するために、それぞれ約2、300人を排除する必要があると思う」とクリスチャン・ホーナーは付け加えた。

「それは正しいことなのだろうか?」

「問題は、コスト上限がひどく失敗した場合、それは永久になくなることだ。この問題の解決策を見つける必要がある」

「誰もこれを予測できなかった。パンデミックの際にコスト上限を3500万ドル引き下げた。そして、誰も我々が抱えている問題を予測できなかった」

レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル