レッドブルF1代表 「ポーパシング防止例を満たさない車は失格にするべき」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、“1つのチーム”が新しいレギュレーションに苦労しているからといってFIA(国際自動車連盟)が介入するべきではなかったと語る。

F1カナダグランプリの前に、新しい技術指令が発行され、バウンシングの深刻さによって多くのドライバーが懸念を表明したアゼルバイジャングランプリを受けて、FIAは2022年F1マシンの乗り心地を監視するための新しい精査プロセスを導入することを通知した。

レッドブル・レーシングはFIAの介入に反対する最も声高なチームであり、クリスチャン・ホーナーは、ドライバーからの「罵り」は「ゲームの一部」と考えており、FIAがそこに関与したことに失望している。

最終的に、クリスチャン・ホーナーは、それが“1つのチーム”に対応して起こったと感じている。名前は挙げなかったが、それがメルセデスF1を指しているのはほぼ間違いない。

「目標を達成できなかったチームが実際に1つしかない今年のこの時点では、非常に不公平に思える」とクリスチャン・ホーナーはReutersに語った。

「その1つのチームののためすべてを変更するのは正しいことか?あるいは、1つのチームに一致させるために変更するべきだろうか?」

「個人的に私ならば、そのチーム自身を解決させることに重点を置くだろう」

モントリオールでのFP2の後、クリスチャン・ホーナーはSky Sports F1によって再びこのテーマについて迫られた。レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは金曜日の両方の練習セッションでトップに立った。

クリスチャン・ホーナーの意見では、FIAはこの状況を間違った方法で取り扱っており、彼はFIAがF1チームのセットアップを管理することは「非常に危険」だと述べた。

「FIAにとっては安全性が主な関心事であることは理解できるが、我々に何の相談もせずに週末にそのような技術指令を発行することは、物事の進め方を間違っている気がする」とクリスチャン・ホーナーは言った。

「専門家との適切な協議が必要であり、解決策を見つけることができると思う。しかし、FIAにレースで走らせるリアライドの高さとセットアップを設定する権利を与えることは基本的に非常に危険なことだ」

「レース中に風が変わるとどうなるのか? 彼らが与えるベースラインに基づいて、何らかの理由でポーポイズが悪化した場合はどうなるのか?」

また、クリスチャン・ホーナーは、FIAがこのルールをどのように取り締まり、安全に車を運転していないチームを正しく特定できるかについて不確実性を表明した。

「そのメトリクスで彼らがそれをどのように測定できるかの? ご存知のとおり、このレギュレーションを適用するには、それについて話し合う必要があると思う」とクリスチャン・ホーナーは続けた。

「意図はすべてうまくいっていると思うが、正しい方法で導入されていない」

「彼らができることはたくさんある。それはもっと簡単なことだ。たとえば、大きな板をその上に貼り付けるだけで、車を地面に降ろすことができる」

「しかし、ある車と別の車を軽減または判断すると…おそらく我々はそれから利益を得るだろう、我々はそうではないのか? よく分からないが、問題を解決するには非常に複雑な方法のように思う」

「そして、それはすべてのチームに影響を与えている問題ではないと思う。私はそれを分類するためにチームに重点を置くべきだと思う。そこにいるすべての人に一貫した一連のレギュレーションがある」

クリスチャン・ホーナーはルールを変更する代わりに、ドライバーを失格にすることでF1ドライバーに深刻な不快感を与える車に強硬な態度を取るようFIAに求めた。

「チームが目標を達成できなかったため、1年の途中で事実上の規制の変更と見なされるものに変更することは不公平だ」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「明らかに、問題を分類するために、そのチームに重点を置く必要がある」

「車が危険な場合、それはFIA次第だ。彼らはまだ彼らの兵器庫にブラッグフラッグを持っている。車が危険である、もしくはドライバーの安全が受け入れられないと彼らが判断した場合、彼らはそれに対してブラックフラッグを立てるべきだ」

レッドブル・レーシング ポーポイズ現象

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1カナダGP