レッドブルF1代表 「フェラーリは問題を解決して必ず反撃してくる」
レッドブル・レーシングは、フェラーリが2022年のF1チャンピオンシップ争いを狂わせた現在のぐらつきから反撃することを「疑いの余地はない」と語る。

シャルル・ルクレールは過去4戦連続でポールポジションを獲得したが、第3戦オーストラリア以来レースに勝っていない。さらに悪いことに、スペインとアゼルバイジャンで2つのエンジン故障に見舞われている。

モナコでの戦略エラーと相まって、タイトル争いのライバルであるマックス・フェルスタッペンがチャンピオンシップで34ポイント差のリードを築いている。

フェラーリは、レッドブル・レーシングがタイトルを獲得するのを阻止するために、日曜日にバクーでリタイアしたカルロス・サインツJr.の油圧の問題を含め、最近の信頼性の問題に対する迅速な回答を必要としている。

しかし、レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、フェラーリの現在の状況がアクセルから足を離していいものではないことは分かっており、ライバルが単純に物事を間違って続けているだけだと信じている。

フェラーリのタイトルの見通しについての考えを質問されたクリスチャン・ホーナーは「土曜日に彼らが非常に速い車を持っているのは確かだと思う」と説明した。

「日曜日は、今年のほとんどすべてのレースで彼らと同等だったと思う。そして、バグーの序盤のラップで再びそのケースが見られたと思う」

「彼らは問題を解決するだろう。私はそれについて疑いを持っていない。しかし、必然的に、シーズン終わりにさらにペナルティを科されることを意味すると思う」

「もちろん、このチャンピオンシップを成功させるまでには長い道のりがある。過去4~5レースでポイントに大きな変動が見られたが、それは物事がどれだけ早く好転するかを示している」

バクーでのシャルル・レクレールのエンジン故障により、レッドブル・レーシングは1-2フィニッシュを達成した、クリスチャン・ホーナーは、シャルル・ルクレールがトラブルに見舞われることがなくても、チームの車のペースで勝利を収めることができたと考えている。

「我々は良いレースカーを持っていたと思うので、レース展開は多くの点で残念だった」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「我々が選んだルートでも、シャルルを戦略的に打ち負すことができたと思う。しかし、それは分からないことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / フェラーリ