レッドブルF1首脳、ルクレールに同情「グリッドペナルティは避けられない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、シャルル・ルクレールはPU交換ペナルティは避けられないとフェラーリの信頼性問題に同情さえしているようだ。

今年のレッドブル・レーシングに対するフェラーリの明らかな初期のアドバンテージは、完全に180度回転し、バクーを終えてレッドブルは80ポイントのリードを築いている。

マッティア・ビノットは、シャルル・ルクレール、カルロス・サインツだけでなく、フェラーリを搭載したカスタマーの車の技術的な故障についても調査が行われることを誓っている。

一方、F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシング以外の最上位である元チャンピオンシップリーダーのシャルル・レクレールからリードを奪い、34ポイント差をつけている。

「フェラーリには現在2つの技術的な故障があり、我々もそうだ。その部分では同点だ」とヘルムート・マルコは言いました。

「だが、ジョージ・ラッセルのケースのように、一貫性があればどのような可能かを見ることができる。彼はそれほど速くはないが、より一貫性があるため、ポイントがそれほど離れていない」

ヘルムート・マルコは、フェラーリの新しい信頼性の危機に少し同情しているようにさえ聞こえる。

「我々はフェアな戦いを望んでいる」とヘルムート・マルコはServusTVに語った。

「今後のグリッドペナルティを考えると、これらのすべてはフェラーリにとってあまり良くないい。そして、我々は実際にはシーズンを始めたばかりだ」

マッティア・ビノットは同意する。

「冬の間、エンジンのパフォーマンスは大幅に向上した。今その代償を払っているようだ」

最後に、ヘルムート・マルコは、現在ランキング2位につけているセルジオ・ペレスが、チームメイトのマックス・フェルスタッペンからわずか21ポイントしか離れていないにもかかわらず、それが完全に平等な戦いであることを意味しないと述べた。

セルジオ・ペレスは実際にはナンバー2ドライバーに過ぎないとの見解について「我々はそれについて契約書に何も書いていない」はヘルムート・マルコは語った。

「しかし、パフォーマンスを見ると、彼ら間に違いがある。マックスは今日トラックでそれを示した」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / フェラーリ / シャルル・ルクレール