レッドブルF1代表 「予算上限で7チームがラスト4戦を欠場する可能性」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、予算上限を満たした場合、7チームがシーズン最後の4戦を欠場する可能性があると警告する。

メルセデス、レッドブル、フェラーリなどのビッグチームの大きな予算は、それ以外のグリッドとの間に克服できないギャップを生み出している可能性があるとの懸念が高まり、F1は2021年に初めて予算上限が導入された。

したがって、2022年F1マシンは1億4500万ドルの予算上限下で設計された最初の車であり、今年は1億4500万ドルに引き下げられ、2023年にはさらに1億3500万ドルまで下げられる。

しかし、F1パドックでは予算上限が妥当かどうかに関して意見が割分かれており、フィールドを平準化すると言う人もいれば、制限が強すぎると感じる人もいる。

批評側としては、レッドブル、メルセデス、フェラーリ、マクラーレンが最も声高であり、レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、コストを予算上限内に収めれば、7チームがラスト4戦の欠場することを余儀なくされる可能性があると述べた。

「今年のキャップを満たすには、おそらく7つのチームが最後の4レースを欠場する必要があるだろう」とクリスチャン・ホーナーBBCに語った。

「それはビッグチームだけではない。インフレ問題に本当に苦しんでいるのは、フィールドの真ん中にいるチームだ」

また、クリスチャン・ホーナーホーナー、生活費の上昇を指摘し、F1は外の世界で起こっていることから免除されていないと述べた。

「FIAには注意義務がある。彼らがそれを真剣に受け止めていることを私は知っている」とクリスチャン・ホーナーは言った。

「エネルギー料金、生活費、費用は指数関数的に上昇しており、F1は免除されていない。貨物は4倍になったが、それは我々がコントロールできるものではない」

先月のFIA(国際自動車)とF1チームとのF1委員会で、インフレに合わせて上限を調整する提案がなされたが、アルファロメオ、アルピーヌ、ハース、ウィリアムズが反対票を投じた。

アルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは、インフレと戦うために他の場所でコスト削減策を講じることができると主張した。

「我々は予算を早期に設定した。インフレは少し予想されていた」とオトマー・サフナウアーは語った。

「インフレは我々にだけ忍び寄っているわけではなかった。我々がそれを行うことができれば、他の人もそれを行うことができるのは確かだ。キャップを増やすだけが方法ではない」

「運賃が250万ドルまたは350万ドル上昇したが、開発予算が2000万ドルの場合、開発予算を1700万ドルにして、上限を下回ることはできないのか? できるはずだ。そのあとは開発を制限すればいい」

「お金があるならば、FIAに行ってロビー活動をして、上限を引き上げて開発予算を同じに保つ方がはるかに簡単だ」

また、予算上限は、F1チームが自分の車に対して行うことができる開発の量に大きな影響を与えており、彼らは前の年のように毎週新しいアップグレードを投入することはできなくなった。

Auto Motor und Sport は、計算によると、一部のチームは6月のカナダグランプリで開発を中止しなければならない可能性があると報告している。

レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル