レッドブルF1代表 「F1に繋がる女性ドライバーをサポートしたい」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、レッドブルがF1へのランクを通じて若い女性ドライバーをどのようにサポートすることを望んでいるかを説明した。

女性だけのシングルシーターシリーズであるWシリーズは、今年で3シーズン目に入り、拡大を続けている。F1のサポートレースとして2022年シーズンはこれまで以上に多くのレースが開催され、Sky Sportsと複数年契約を結んで放送されている。

クリスチャン・ホーナーは、Wシリーズの成長と、若い女の子の間でF1への関心が高まっているのを見るのを喜ばしく思うと語る。
「Wシリーズは素晴らしいイニシアチブだと思う」とクリスチャン・ホーナーはRacingNews365.comを含むメディアに語った。

「まだ非常に若く、進化し、成長しており、うまくいけば、ますます多くの女の子をレースに引き付けるだろう」

「本当に必要なのは、レースの草の根に入る女の子が増えることだ。Netflixの効果など見ると、スポーツに影響を与えていると思う。F1のフォロワーの人口統計が変化しているのがわかる」

「もっと多くの若い女性がフォーミュラ1に気づき、興味を持っているようになり、それが彼らの参加を促すことを願っている」

クリスチャン・ホーナーは、ドライバーの性別に関係なく、F1では常に才能のレベルが勝つと信じている。

「もちろん、モータースポーツへの入り口はカートだ」とクリスチャン・ホーナーは説明した。

「もちろん、女の子は男の子と競争するべきかという議論は常にあると思う。他のスポーツのように2つの別々の競技会にすべるべきか?」

「私は、才能が十分に強い場合、我々全員が非常に利己的な個人であるため、F1に浸透するための障壁があるべきではないと思う」

「我々は、バックグラウンドや性別などに関係なく、最高のドライバーを求めている。WシリーズがF3またはF2、そして最終的にはF1につながる若い才能の育成に役立つとしたら、それは確かにポジティブなことだ」

レッドブルが女性ドライバーのランクアップをサポートするために何をする可能性があるかという点で、クリスチャン・ホーナーはチームが将来新たな才能を支援することを望んでいると語る。

「レッドブルの関与に関しては、過去に女の子を後援し、女の子を支援してきたが、将来もまたそうするだろう」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「我々のスカウティングシステムを通じて、我々がサポートしたい才能を特定するだけの問題だ」

Wシリーズのスターの何人かはすでにF1チーム内で役割を果たしている。2回のチャンピオンであるジェイミー・チャドウィックはウィリアムズ・ドライバー・アカデミーに所属し、ジェシカ・ホーキンスはアストンマーティンF1チームのアンバサダーを務めている。

Wシリーズには今年から元F1ドライバーの野田英樹の娘である16歳の野田樹潤(Juju)が参戦している。

野田樹潤(Juju)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル