レッドブルF1 「フェラーリは我々の予算上限を心配している場合ではない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、レッドブル・レーシングが今年の予算上限を破ったことに関して、スクーデリア・フェラーリは何も心配する必要はないと主張する。

スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表であるマティア・ビノットは、マイアミで2戦連続の敗北を喫した後、限られたコストのなかでレッドブル・レーシングの急速な開発は驚きだったと認めている。

「懸念があるとすれば、予算上限を考慮して、彼らがいかに開発を進めているかだ」とマッティア・ビノットは認めた。

「それは確かに問題だ」」

実際、スクーデリア・フェラーリの開発率は2022年にこれまでのところ著しく低くなっているが、次戦スペインGPでは、軽量化、新しいフロア、再プロファイルされたサイドポッド、その他のアップデートを投入すると報告されている。

「レッドブルが一貫して導入してきた開発を活用していることは明らかだ」と元F1チーム代表のジャンカルロ・ミナルディはイタリアの OA Sportに語った。

「フェラーリはまだ車に新しいパーツを取り付けていない」とジャンカルロ・ミナルディは付け加え、現在のフェラーリの最大の欠点は空力ドラッグが“はるかに多い”ことであると述べた。

「彼らもグラウンドエフェクトカーをあまり活動できおらず、車は空力バウンスに悩まされている」とジャンカルロ・ミナルディは続けた。

「それはタイヤに大きな影響を及ぼす。マイアミでもそれを見ることができた」

「今、フェラーリのソリューションがどれほど効果的であるかを見極める必要がある」

ジャンカルロ・ミナルディは、レッドブル・レーシングに問題がある場合、「積極的」な進歩率が繰り返しの信頼性の問題につながっているのに対し、フェラーリには「事故以外の問題はない」ことだと述べた。

しかし、現在、レッドブル・レーシングの予算上限にスポットライトが当たっているが、チームはバルセロナで開発を推進し続けている。

「そこでも新しいパーツが入るし、最終的に最適な重量に達するだろう」とヘルムート・マルコはf1-insider.comに語った。

「これまでのところ、必要な最小重量である798kgをかなり上回っている」

レッドブル・レーシングが進行中のマシン開発で予算上限を超えることについてのマッティア・ビノットの懸念について、ヘルムート・マルコはに心配しないように語った。

「我々とフェラーリは対等な立場にある」とヘルムート・マルコは主張した。

「我々はまだビッグファイトを楽しみにしており、すべてが確実にうまく進めるためにFIAを完全な信頼している」

「違いは、それぞれのサーキットでパッケージを最大限に活用することができた人にもたらされる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / フェラーリ