レッドブルF1、フェラーリの違法テスト疑惑で緊張関係に発展?
レッドブル・レーシングのスクーデリア・フェラーリの2022年のF1タイトルをかけた戦いは礼儀正しいものだったが、緊張関係が高まりつつある。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、フェラーリとの戦いは、2021年のメルセデスとの戦いよりもはるかに礼儀正しいものだと語っていた。

レッドブル・レーシングのスクーデリア・フェラーリの2022年のF1タイトルをかけた戦いは礼儀正しいものだったが、緊張関係が高まりつつある。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、フェラーリとの戦いは、2021年のメルセデスとの戦いよりもはるかに礼儀正しいものだと語っていた。

しかし、その後、フェラーリがイモラで行ったタイヤテストでの“違法”なフロアを走らせたという疑惑が浮上した。

「午前と午後でフロアが異なっていたのは確かであり、いくつか新しいコンポーネントが搭載されていたように見えた」とレッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは語った。

FIA(国際自動車連盟)は、この件についてスクーデリア・フェラーリを“無罪”としてが、クリスチャン・ホーナーは、それは今後も続く重要な話だと語る。

「これらの車は非常に未成熟であり、まだ開発の非常に早い段階にある。我々が絶対に避けたいのは、タイヤテストが空力テストやパフォーマンス開発テストに変わることだ」

それに対し、スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表であるマッティア・ビノットは、レッドブル・レーシングがこれまで2022年F1マシンの開発をどれだけ急速に進めてきたかに目を向けていると語った。

「ある時点で彼らは成長を止めなければならなくなると思う。そうでなければ、彼らが予算内でそれをどのように行っているか説明がつかなくなる」とマッティア・ビノットは語った。

確かにレッドブル・レーシングは、イモラとマイアミでスクーデリア・フェラーリを倒したが、フェラーリはバルセロナで反撃することを計画している。

「もちろん、技術開発は進んでいる」と元フェラーリのF1ドライバーであるジャン・アレジはCorriere della Seraに語った。

「しかし、私はそれらを奇跡としては見ていない」

「両方のチームはこの先、長く不確実な道を歩んでいくことになる」

イタリアのメディアによると、F1スペインGPでのスクーデリア・フェラーリの大きな変化は、レッドブル・レーシングに直線スピードに追いつくことを助けるようにドラッグを減らすよう設計された新しいサイドポッドになると報じている。

その他の変更では、フェラーリF1-75はさらに2kgの軽量化が図られるという。

マッティア・ビノットは「スペインに一連の技術的なアップデートを投入する」とLa Repubblicaに確認した。

「これは重要なパッケージになるが、今シーズンで最も重要なパッケージではあない」

「長い間続く技術的な対立において、違いを生むのは単一の開発ではないだろう」と彼は言いました。

一方、レッドブル・レーシングの今の主な焦点は信頼性の向上であり、セルジオ・ペレスは日曜日にマイアミでトラブルに見舞われ、チームは「毎回新しい信頼性の問題を見つけている」と宣言している。

マックス・フェルスタッペンの父ヨス・フェルスタッペンは「信頼性が損なわれなければ、すべてはシーズン中の車の開発とそれらの新しい部品の有効性によって決定される」と同意した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / フェラーリ