レッドブルF1のエイドリアン・ニューウェイ 「F1は風洞を禁止にするべき」
レッドブル・レーシングに最高技術責任者を務めるエイドリアン・ニューウェイは、F1は風洞を禁止するべきだと考えている。

だが、エイドリアン・ニューウェイがF1マシンを設計するレッドブル・レーシングは、マクラーレンやアストンマーティンに加わり、完全に新しい風洞を建設することを決定している。

「我々は承認段階にある」とレッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコはAuto MotorundSportに語った。

伝えられるところによると、構築には2年かかり、レッドブル・レーシングは、エンジン設備を含むすべてを1つの屋根の下に持つフェラーリのようなワークスチームとして設立される。

エイドリアン・ニューウェイは、実際にレッドブル・レーシングには新しい風洞が必要だと語る。

「希望の風速に達するまでに時間がかかりすぎている」とエイドリアン・ニューウェイは語る。

「それは我々が実際に権利を与えられている非常に関連性のある風洞時間を奪っている」

しかし、F1はすでに2030年までに風洞を段階的に廃止することを計画している。そして、エイドリアン・ニューウェイもそれを支持している。

「私はすべてをCFD開発に完全に限定している」とエイドリアン・ニューウェイは語った。

「残念ながら、それははるかに持続可能であるとはいえ、それに対する十分な票は得られていない」

エイドリアン・ニューウェイは、パドックの「いつもの連中」は彼の考えに反対していると述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル