レッドブルF1代表、昨年の好敵手メルセデスの苦境に「同情はない」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスの競争力に時間を費やすことなく、レッドブル・レーシングのパフォーマンスに集中し続けていくと主張する。

2021年にメルセデスとシーズン終了まで激闘を繰り広げたレッドブルは、2022年にF1が新時代を迎えると、スクーデリア・フェラーリという新たなチャレンジャーを迎えることになった。

昨年をコンストラクターズランキング3位で終えていたフェラーリは、開幕2戦でダブル表彰台を獲得し、事実上、メルセデスとトップの座を入れ替えた。

メルセデスは、ランキング2位につけているが、レースでの戦闘力は3番手であり、レッドブルよりもポイントが多いのは、開幕戦F1バーレーンGPでメルセデスの2台の前を走っていたマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスがリタイアを余儀なくされたからだ。

コンストラクターズタイトルを8連覇しているメルセデスは、W13に抱えている問題を最終的に解決し、3つ巴の優勝争いになる可能性があるが、クリスチャン・ホーナーは、それが現実になる可能性や、いつそうなるかを疑問に思って眠れない夜を過ごすことはないと主張する。

「彼らは苦労している。彼らの競争力について同情はない」とレッドブルの現役F1ワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペンが優勝したF1サウジアラビアGP後にクリスチャン・ホーナーは語った。

「明らかに、現時点で私はフェラーリとの非常に激しい戦いでの競争力に焦点を合わせている」

「いつかメルセデスがその戦いに参加することは間違いないが、私の焦点は我々のチームに非常に集中している」

クリスチャン・ホーナーは、あまり心配していることを拒否していることの1つは、コンストラクターズチャンピオンしプでのフェラーリとの40ポイント差だ。2チームは、コンストラクターズタイトルをかけて直接対決に発展する可能性がある。

2チームがペース面で残りのフィールドを十分にクリアしたままである場合、信頼性にさらに焦点が当てられることになる。これはレッドブルがバーレーンでのダブルリタイアですでに1回失敗した領域だ。

「まだシーズンの早い段階だ」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「運は一年を通して均等になる傾向があるので、我々はレースごとに進めていかなければならないと思っている」

「我々はようやくスタートを切り、スコアボードに載っている。今年の最初のレース優勝を果たした。両方のドライバーは再び非常に競争力があり、勢いをつけなければならない」

ドライバーズチャンピオンシップでは、シャルル・ルクレールがチームメイトのカルロス・サインツに12ポイント差でリードし、さらに8ポイント差でマックス・フェルスタッペンが続いている。セルジオ・ペレスは7位につけている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / メルセデス