レッドブルF1代表、マックス・フェスタッペンの無線での苦情を却下 「アンダーカットしてもすぐに抜き返された」
レッドブル・レーシングのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンがピットストップでシャルル・ルクレールをアンダーカットしていたとしても、ルクレールは簡単に1番手を取り戻すことができたと考えている。

2022年F1開幕戦バーレーングランプリで、現役F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、レースの大部分でシャルル・ルクレールを追いかける展開となり、ピットストップ戦略で打開策を図ろうとした。

だが、2回のピットストップで、アンダーカットは2回とも失敗し、マックス・フェルスタッペンはリードを奪うことができなかった。

マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングからタイヤを“ジェントリー”に扱うようにとの指示を非難し、その戦略が自分に犠牲を払ったと無線で激高した。

『いいか、アウトラップでちんたら走ったのはこれで2回目だ。余裕で前に出ることができた。二度とこんなことはやらない!』

しかし、クリスチャン・ホーナーは、フェラーリにはペースがあり、仮にマックス・フェルスタッペンがピットストップで前に出ていたとしても、DRSによって数コーナーで仕留められていたと考えている。

「ずっと微妙なマージンだったと思う」とクリスチャン・ホーナーはSky Sports F1に語った

「彼はもっと多くのことができると感じていた。フェラーリよりもわずかに速いストップと相まって、我々は彼らに非常に近づいたと思う」

「だが、我々がパスしていたとしても、彼らのペースはあんな感じだったので、オーバーテイクが少し楽になったこともあり、彼らはオーバーテイクしていただろう」

「彼らの方が速い車を持っていたし、彼らの1-2のフィニッシュを祝福したい」

「我々にとってゼロポイントは厳しい。だが、我々にとってポジティブな点は、競争力のあるマシンを持っていることだと思う。我々はそのレースのさまざまなポイントでレースの勝利のために戦っていた」

「我々はこれらの問題を迅速に解決しなければならない。長い長いシーズン、23レースであり、このレースから気持ちを切り替えて、次のイベントに張り切って取り掛からなければならない」

マックス・フェルスタッペンとレッドブル・レーシングにとって残念なことに、最終的には2位も失われた。フェルスタッペンのRB18は燃料システムの問題に見舞われ、55周目にピットでリタイアした。チームメイトのセルジオ・ペレスも、同じ問題でファイナルラップでリタイアした。

しかし、結果はレッドブル・レーシングが望んでいたものではなかったものの、クリスチャン・ホーナーは少なくとも夜のレースを楽しんだと語る。

「素晴らしかった。ドライバーからのフィードバックは全般的には少し追従しやすくなったというものだったと思う」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「マックスとシャルルの間のレースは素晴らしかったと思う。それはまさに我々が望んでいたことだった。我々がそのようなシーズンを迎えることになれば、地獄のシーズンの地獄になるだろう」

「我々は彼らほどのペースを持っていなかった。セクター2で彼らののペースは…我々はセクター1では速かったが、セクター2で彼らは我々から0.2秒を奪った。我々はそれに付き合うことができなかった」

レッドブル・レーシング F1 2022年バーレーングランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1バーレーンGP / マックス・フェルスタッペン