レッドブルF1首脳 「メルセデスのゼロポッドに過度な感銘は受けていない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、メルセデスF1がW13に採用した“ゼロポッド”に過度な感銘を受けてはおらず、見た目はエキサイティングだが、ラップタイムを生み出してはいないと語った。

メルセデスF1は、バーレーンでの公式F1プレシーズンテストの開始時に極端なサイドポッドデザインをデビューさせた。メルセデスW13にサイドポッドはほとんど存在していない。

噂では、ゼロパッドはメルセデスF1の風洞データで1周あたり1秒の価値を生み出したとの噂を呼んだ。しかし、3日間のテストではその兆候は見られなかった。

「我々はパフォーマンスをより調べたが、それほど印象的ではなかった」とヘルムート・マルコはOE24とのインタビューでメルセデスF1のゼロポッドの設計について語った。

「メルセデスがもたらしたものは革命的なように見えるが、重要なのはタイムだ」

そして、ヘルムート・マルコにとって特に重要なのは、レッドブル・レーシングのタイムであり、それが1位だったことだ。

「重要な主なことは、我々が再び最速だということだ。だが、昨年もメルセデスはテストで遅れをとっていたときのことを覚えている」とヘルムート・マルコは語る。

「しかし、我々は主に自分たちの車に関心を持っており、そこは順調に進んでいる」

ヘルムート・マルコは、レッドブルがRB18のポーポイズ現象の問題に対処していると信じているほどだ。これは、すべてのチームがテスト中に経験した問題だ。

「我々はそれもコントロールしている」とヘルムート・マルコはストレートでのバウンシングについて自信をもって語った。

「私が言ったように、我々は新しい車とすべてのアップデートに完全に満足している」

「今は土曜日の予選を待っている。エンジンの回転数が上がり、すべてのカードがテーブルに置かれる」

昨シーズン、マックス・フェルスタッペンはルイスハミルトンを倒してF1ワールドチャンピオンを獲得。今年、レッドブル・レーシングはナンバー1を維持しようとしている

ヘルムート・マルコは、今年、それがマックス・フェルスタッペンの唯一のターゲットだと語る。

「それを頼りにすることができる」とヘルムート・マルコは語った。

「昨年のタイトルで、彼は人生の目標を達成した。しかし、フィナーレでは誰もが無線で聞くことができたように、彼は今後数年間でこの気持ちを味わいたいと思っている」

「そして、あなたは私を信じることができる。マックスはさらに速くなるだろう、彼はレース時代の最盛期にいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / メルセデス